間違えやすいポイントを解消!検索広告における「広告のランク」と「広告の品質」の違いと上げる・下げる原因を詳細解説

black and white abstract painting デジタルマーケティング基礎知識
Photo by ishigaki J on Unsplash

広告のランクとは

デジタルマーケティングにおいて、広告のランクは重要な概念です。広告のランクとは、検索結果ページに表示される広告の順位を示しており、「高いランク」を獲得した広告ほど上位に表示され、より多くのユーザーに見られ、クリックされやすくなります。

広告ランクを左右する要素には、「入札金額」と「広告の品質」があります。ここでいう入札金額とは、あなたが広告をクリックされるたびに支払う最大金額を意味します。この金額を高く設定すれば、「より多くのユーザーに広告が表示される」という利点があります。

しかし、入札金額だけで広告ランクが決まるわけではありません。そこには「品質」が大きく関わってきますので、両方を巧みに操作することが重要となります。

広告の品質とは

広告の品質は、「ユーザーにとっての広告の価値」を示す指標であり、広告ランクの算出において大きな役割を果たします。具体的には、以下の3つの要素から成り立っています。

  • クリックスルーレート(CTR):広告が表示された回数に対するクリック回数の割合
  • 広告の関連性:広告の内容が検索クエリとどれだけ密接に関連しているか
  • ランディングページの品質:広告をクリックして訪れるページの使い勝手や価値

これらの要素が全体的に高いほど、広告の品質は高く評価され、広告ランクも上がります。しかし、これらの要素を無闇に操作すると、ユーザー体験を悪化させてしまい、反対に品質スコアが下がる可能性もあるため注意が必要です。

広告のランクと広告の品質の関係

広告のランクと広告の品質の違いを理解することが広告運用の最初の一歩となります。これら二つは表裏一体の関係にあり、広告の品質が高ければ、広告ランクも結果的に上がるというメカニズムが存在します。

しかし、品質が高いからと言って過剰に入札金額を上げると、結果的にROI(投資対効果)が下がることもあります。また、逆に品質が低くても、入札金額を高く設定すれば一定の広告ランクを保つことは可能です。ただし、それは一時的なものであり、長期的にみれば広告の品質を高めることが最も効率的な広告運用となります。

広告のランクと品質を上げる・下げる原因

まず、広告のランクを上げる方法としては、入札金額を適切に設定し、広告の品質を高めることが一般的です。具体的には、適切なキーワード選択、広告文の工夫、ランディングページの充実などが挙げられます。これらを通じてCTRや広告の関連性、ランディングページの品質を高めることで、広告の品質とランクを一緒に上げることができます。

一方、広告のランクや品質を下げる原因としては、適切なキーワード選択が行われていない、広告文がユーザーの注意を引くものでない、ランディングページの品質が低い、といった要素が考えられます。これらは広告運用における基本的なミスであり、これらを改善しない限り広告のパフォーマンスは低下します。

デジタルマーケティングにおける広告のランクと品質は切り離すことができない因果関係にあります。適切な入札金額と広告の品質を維持し、さらに向上させることで効果的な広告運用が可能となります。そのためには、広告のランクと品質がどのように連動しているのかを理解し、それぞれに影響を与える要因を把握することが重要となります。