2024-02

Google広告

Google タグ マネージャーを使用したイベント固有のコンバージョン トラッキングの手順

Google タグ マネージャーを使用すると、Web サイトやアプリ内で発生する特定のイベントに関するデータを収集し、分析することができます。特に、イベント固有のコンバージョン トラッキングを設定することで、ユーザーが特定のアクションを実行した際に正確なコンバージョンデータを取得することができます。この記事では、Google タグ マネージャーを使用したイベント固有のコンバージョン トラッキングの設定方法を詳しく解説します。
Google広告

Google広告のマルチフォーマット動画広告:機能と最適化のポイント

Google広告のマルチフォーマット動画広告は、視聴者に対してより多くの情報を提供することができる効果的な広告形式です。この記事では、マルチフォーマット動画広告の機能や設定方法、最適化のポイントについて詳しく解説します。
Microsoft広告

Microsoft広告、拡張コンバージョンのメリットとデメリット

Microsoft広告の拡張コンバージョンは、広告成果の測定をより正確に行うことができますが、設定や管理には注意が必要です。メリットとデメリットを比較しながら解説します。
LINE広告

LINE広告の予算設定と成果最大化のコツ:効果的な広告配信戦略を考える

LINE広告の予算設定は、広告目的やターゲット層によって異なります。予算を最大限に活用し、成果を最大化するための広告配信戦略を考えるポイントを解説します。
LINE広告

LINE広告のプレースメント設定機能を解説:β版機能の特徴とは?

LINE広告の新機能であるプレースメント設定機能について、β版の特徴や利点、活用方法を詳しく解説します。
Google広告

Google広告のデータドリブンアトリビューション(DDA):効果的な導入方法と設定手順

Google広告のデータドリブンアトリビューション(DDA)を効果的に導入するための手順や設定方法について詳しく解説します。DDAの導入により、広告の効果測定や最適化をより効果的に行うことができます。
TikTok広告

TikTok広告:ターゲットオーディエンスの特定とリーチ拡大のポイント

TikTok広告でターゲットオーディエンスを特定し、リーチを拡大する方法について詳しく解説します。ターゲットオーディエンスの特定にはどのようなポイントが重要なのか、ぜひ参考にしてください。
X広告(旧Twitter広告)

X広告:広告配信の最適化に役立つフリークエンシー上限の設定方法

X広告のフリークエンシー上限は、特定のユーザーに同じ広告を繰り返し表示する回数を制限する機能です。この機能を活用することで、ユーザーの広告に対する反応率を向上させることができます。本記事では、フリークエンシー上限の設定方法や最適な配信戦略について解説します。
X広告(旧Twitter広告)

X広告のDPA(Dynamic Product Ads)の見込み顧客ターゲティングの効果的な方法

X広告のDPAを活用した見込み顧客ターゲティングの最適化手法を解説します。ターゲティングのポイントや広告設定の注意点を紹介します。
Meta広告(Facebook・Instagram・Threads)

Meta広告の「動画再生数アップ」キャンペーンの作成手順

Meta広告を使用して、動画広告の再生数を増やすキャンペーンを作成する方法を解説します。効果的な広告設定やターゲティングのポイントを紹介します。