デジタルマーケティングの新たなトレンド: パーソナライズされた電子メール マーケティング、AI、データ活用

セミナーブログ

デジタルマーケティングの新時代

デジタルマーケティングの最先端が開かれる現代、一斉配信型のメールマーケティングから、個々の消費者に合わせたパーソナライズされたメールマーケティングへと、その地平が次々に広がっています。制作の時間やコスト面でのハードルが下がった今日では、メール文面が、「これだけは最低限抑えておけ」という個々の消費者の状況に合わせて自動生成されるケースも出てきており、これによりメールマーケティングの全数メール配信から、より最適化された配信へと変革が進んでいます。

AIの活用が開く個々の需要への対応

AIの進化とデータ活用が、この一人ひとりに合わせた最適化に大いに貢献しています。メールのターゲット層分析から送信、その内容までをAIが自動的に最適化することで、「理想と現実のギャップ」も縮小しています。マーケティングの現場で以前は数ヶ月を要した作業も、今では1日以内で実現可能となり、未活用でいた消費者のポテンシャルも解放される可能性が広がっています。その結果、満足度向上はもちろん、コンバージョン数の上昇にもつながり、EC企業の収益にも直結することでしょう。

メール, LINE, アプリ間の使い分け

また、メール配信だけでなく、アプリ配信やLINEメッセージ配信の使い分けも重要なテーマとなっています。初回のEC事業者とのコンバージョン時に一般的にはメールでアドレスが登録されますが、これと同時にアプリやLINEのダウンロードを誘導することで、2回目以降のコンバージョンや複数の買い物赴くためのマーケティングを効果的に行えるところに大きなメリットがあります。特に離脱客の呼び戻しの際をおいては、メールが最もリーチ力を持っている一方で、使用頻度が高いLINEやアプリを活用することで、購買に結びつく可能性が一段と高まります。

個々の需要予測の手間が必要なくなる

AIとデータ活用の進化が可能にした個々の消費者の需要予測やその素早い対応は、今後更にマーケティングの主流となりつつあります。これまでにないスピーディーなマーケティング対応が可能となり、企業と消費者の両者にとって満足度が高まるデジタルマーケティングの新時代が開けています。これからのデジタルマーケティングは、技術の進化とデータの活用により、前例のない新たなマーケティングが可能となっていくことでしょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    セミナーブログ