デジタルマーケティングの現状と課題:トレンド、リアルタイム化、今後の方向性

セミナーブログ

デジタルマーケティングの現状と問題点

デジタルマーケティングのトピックとして、ますます注目を集めるようになる「0の話」との一方体の話、そしてAIの話、という三つの大きなポイントについての話し合われました。その中で語られる具体的なアプローチは、各企業の具体的な事例に基づいていますが、その一方で、デジタルマーケティング全体に共通する重要な課題が見えてきます。

全体の動向とリアルタイムコンバージョンの重要性

ある企業のアプローチは、CPA(コストパーボーダー)からLTV(顧客生涯価値)の観点へとシフトしている点にあり、デジタルマーケティングの戦略として、リターゲティングではなく、リアルタイムなコンバージョンに注力する傾向があることを示しています。加えて、ラストクリックコンバージョンが見えなくなる傾向、つまり、消費者が最後にクリックした広告だけではなく、消費者が接触した全ての広告がコンバージョンに影響を与えていることを認識する必要があることが強調されました。

個別の企業の対応状況と課題

一方、各企業の対応状況の話からは、クッキーレス環境への対応や、自社の対応のリアリティと課題が見えてきます。Googleといった大手企業に対する対応から、まったく異なる業種の対戦まで、その現在地と取り組み、そして困難さが語られました。しかし、それらの難しさを乗り越えられるとき、売上と全体の成果は大きく転換します。特に、コロナウイルスの影響でリアルな対話が難しくなったこの時期に、デジタルマーケティングによるアプローチに頑張っている企業が多く見受けられます。

デジタルマーケティングの今後の方向性

デジタルマーケティングのトレンドについて語られた最後の部分では、企業文化の刷新が必要という考えが示されました。それはつまり、単にCPAを追求するだけでなくLTVまで視野に入れた戦略を展開する必要があり、アプローチやツールの選択だけでなく、組織全体の視点で考えることの重要性が強調されました。さらに、これからのデジタルマーケティングのあり方として、最新のAI技術を用いた全自動のプロセスと、人間が直感や創造性を働かせるクリエイティブな面の両方が求められると指摘されました。それぞれが互いに補完し合いながら、デジタルマーケティングはその可能性を広げていくでしょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    セミナーブログ