最新のデジタルマーケティング戦略:2軸の顧客分析とデータ活用の重要性

セミナーブログ

最新デジタルマーケティング:2軸での顧客分析

デジタルマーケティングは、これからの時代においてもますますその重要性を増していく領域です。特に注目すべきは、2軸での顧客分析です。従来は、顧客を単にヘビーユーザーやロイヤル顧客など、どれだけ購入してくれるかという一軸のみで評価していました。しかし、これでは来年も同程度に購入してくれるのかは分かりません。そこで2軸目として、その顧客がブランドを推定しているかという点を共に考えることで、より安定した売り上げを見込むことが可能になります。

ウェブ広告とデータ収集

デジタルマーケティングの重要な要素として、ウェブ広告があります。それを効果的に活用するためには、顧客行動を基にしたセグメンテーションが重要です。従来はクリック数やインプレッションといった直感的な指標が取られていました。しかし、これでは実際の認知度や好感度は測定しにくいのが現状です。そこで登場するのがデータ収集です。データを積極的に収集することで、購買以降の行動ログを取得することが可能となります。これにより、より詳細な顧客分析とマーケティング戦略の立案が可能となります。

データ収集の範囲と最適化

デジタルマーケティングでのデータ収集について考える時、その範囲についての悩みは避けられません。データの収集範囲をどの程度まで拡大すべきかという問題は、データの少なさがリスクを引き起こす一方で、その取得にはコストがかかります。このジレンマに対する解決策として、必要十分なデータの取得が挙げられます。これは、どのデータが本当に必要かという仮説を立て、それを基に取得するデータを考え出すアプローチです。

データとコミュニティ:新たなマーケティング戦略の姿

データ収集と顧客分析の進化に加えて、コミュニティサイトを活用した新たなマーケティング戦略も見えてきました。ここでは特定のコミュニティへのアプローチとセグメントごとの分析を組み合わせます。これにより、ユーザーがどのセグメントに属しているかを実データで確認し、それに基づくマーケティング戦略を立案することが可能となります。これこそが、新たなデジタルマーケティングの形として期待されています。デジタルマーケティングは依然として進化し続けています。その中で、データの活用と分析能力はますます重要となっていくでしょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    セミナーブログ