ポストクッキー時代の鍵は検索広告!最新のCV向上戦略とは?

Cookie規制・プライバシー関連

デジタルマーケティングの世界では、常に変化が起きています。特に近年、プライバシー保護の観点からサードパーティクッキーの廃止が進められており、これまでの手法では効果的なターゲティング広告が打ちにくくなってきています。そんな中、私たち株式会社インティメート・マージャーでは、ポストクッキー時代に適応した新たなCV(コンバージョン)向上戦略として、検索広告に注目しています。

サードパーティクッキーの廃止とその影響

まず、サードパーティクッキーとは、広告主や広告配信事業者などの第三者が、ユーザーの行動履歴を追跡するために使用するデータのことです。これまで、サードパーティクッキーを活用することで、ユーザーの興味関心に合わせたターゲティング広告を配信することが可能でした。しかし、プライバシー保護の観点から、Googleをはじめとするブラウザベンダーがサードパーティクッキーの廃止を進めており、2025年早期にブラウザでサポートが終了する見込みです。

サードパーティクッキーの廃止により、これまでのようなターゲティング広告が打ちにくくなることが予想されます。つまり、広告主にとっては、適切なオーディエンスにリーチすることが難しくなり、広告効果の低下が懸念されるのです。

検索広告の優位性

そこで注目したいのが、検索広告です。検索広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果ページに表示される広告のことを指します。ユーザーが検索したキーワードに関連する広告が表示されるため、ユーザーの興味関心に合致した広告を配信することができます。

検索広告の最大の強みは、ユーザーの能動的な検索行動に基づいているという点です。つまり、ユーザー自身が何かを探している、あるいは問題を解決しようとしている状態で広告が表示されるため、広告に対する関心度や購買意欲が高いと言えます。これは、サードパーティクッキーを使ったターゲティング広告とは異なる、検索広告ならではの優位性と言えるでしょう。

検索広告のCV向上戦略

では、検索広告を活用してCVを向上させるには、どのような戦略が有効でしょうか。ここでは、私たち株式会社インティメート・マージャーが実践している3つの戦略をご紹介します。

1. ロングテールキーワードの活用

1つ目は、ロングテールキーワードの活用です。ロングテールキーワードとは、検索ボリュームは少ないものの、具体的な内容を含んだ長めのキーワードのことを指します。例えば、「東京 イタリアン レストラン」といった具合です。

ロングテールキーワードは、検索ボリュームが少ない分、競合が少なく、クリック単価が安くなる傾向にあります。また、具体的な内容を含んでいるため、ユーザーの検索意図により合致した広告を配信することができます。つまり、CVにつながりやすいキーワードと言えるのです。

私たちは、広告運用時にロングテールキーワードを積極的に取り入れることで、費用対効果の高い広告配信を実現しています。

2. ランディングページの最適化

2つ目は、ランディングページの最適化です。ランディングページとは、広告をクリックした先に表示されるWebページのことを指します。せっかく広告をクリックしてもらっても、ランディングページが最適化されていなければ、CVにつなげることはできません。

私たちは、ランディングページの最適化に際して、以下の点に注意しています。

  • 広告の内容とランディングページの内容に一貫性があること
  • ユーザーが求める情報をわかりやすく提供すること
  • CVにつなげるための明確なCTAを設置すること
  • ページの読み込み速度を高速化すること

これらの点を押さえることで、ユーザーの体験を最適化し、CVにつなげやすいランディングページを作成することができます。

3. リマーケティングの併用

3つ目は、リマーケティングの併用です。リマーケティングとは、一度Webサイトを訪問したユーザーに対して、再度広告を配信する手法のことを指します。サードパーティクッキーの廃止により、リマーケティングの手法にも変化が求められていますが、検索広告との併用は依然として有効です。

例えば、検索広告でWebサイトに誘導したユーザーに対して、リマーケティング広告を配信することで、ブランドの認知度を高めたり、購買意欲を高めたりすることができます。私たちは、検索広告とリマーケティング広告を適切に組み合わせることで、CVの最大化を図っています。

まとめ

ポストクッキー時代のデジタルマーケティングにおいて、検索広告は非常に重要な役割を果たすことが期待されています。ユーザーの能動的な検索行動に基づいているため、サードパーティクッキーに依存しない広告手法と言えます。

私たち株式会社インティメート・マージャーでは、ロングテールキーワードの活用、ランディングページの最適化、リマーケティングの併用といった戦略を通じて、検索広告のCV向上に取り組んでいます。今後も、検索広告を中心とした効果的なデジタルマーケティング施策を展開していきたいと考えています。

デジタルマーケティングの世界は常に変化し続けています。私たちは、その変化に柔軟に適応しながら、クライアントのビジネス成長に貢献していきます。ポストクッキー時代に向けて、検索広告を軸とした新たなデジタルマーケティング戦略を一緒に構築していきましょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    Cookie規制・プライバシー関連