Google広告:キーワードプランナーの使い方完全ガイド

a building with a fountain in the front Google広告
Photo by Cheung Yin on Unsplash

キーワードプランナーとは?

まず始めに、Google広告のキーワードプランナーについて理解しましょう。キーワードプランナーは、Google広告を最適化する際に有効なツールの一つです。このツールを使うことで、新しいキーワードのアイデアを得たり、キーワードの検索ボリュームや競合度を調査することができます。また、目指す広告達成目標を設定し、それに基づいて最適なキーワードを提案してくれます。つまり、キーワードプランナーを使用することで、実際に広告運用を始める前の計画段階で有益な情報を獲得することができ、効果的な広告運用を遂行するための選択肢となります。

基本のキーワード検索

それでは実際の使い方を見ていきましょう。最初に、Google広告の管理画面から「キーワードプランナー」を選択します。次に「新しいキーワードを見つける」をクリックし、検索するキーワードを入力します。検索するキーワードはあらかじめリスト化しておくと便利です。キーワードを入力したら「結果を取得する」をクリックし、キーワードの情報を閲覧します。表示される情報には、検索ボリューム(そのキーワードが一ヶ月にどれくらい検索されるか)や競合度(他の広告主がそのキーワードをどれくらい重視しているか)など、広告を掲載する際に参考になるデータです。

広告グループとキーワードの設定

次に、キーワードプランナーでの広告グループとキーワードの設定方法について説明します。まず、広告グループを作成し、その中に関連性の高いキーワードを複数設定します。例えば、商品の種類やサービスのカテゴリごとに広告グループを作成すると、各広告グループに関連性の高いキーワードを設定することができ、結果的に広告の精度を高めることができます。また、キーワードの設定には「部分一致」、「フレーズ一致」、「完全一致」の3種類があり、広告の公開範囲を細かく設定することができます。

候補キーワードの選定と最適化

最後に、キーワードプランナーを使うためのコツをお伝えします。まず、候補キーワードをリストアップする際は、商品やサービスの特性を認識した上で、ターゲットとする顧客がどのようなキーワードで検索するかをイメージすることが大切です。また、高い検索ボリュームがあるキーワードや競合度が低いキーワードを選定することも重要ですが、あくまでも自社のサービスや商品に最適なキーワードを選んでください。キーワードは定期的に見直し、広告の効果に応じて最適化することも忘れないでください。これらのテクニックを駆使すれば、キーワードプランナーは、あなたのデジタルマーケティング戦略を助けるでしょう。