デジタルマーケティングの新時代:ポストクッキー対応とOMO戦略の成功事例

woman sitting on brown wooden chair while using silver laptop computer in room セミナーブログ
Photo by Brooke Cagle on Unsplash

デジタルマーケティング業界の新たな課題:ポストクッキーの時代

デジタルマーケティング業界で新たに注目を集めているのが、”ポストクッキー”の時代への対応です。これまでデジタルマーケティングで利用されていたSEM(検索エンジンマーケティング)などに対するクッキーの活用が制限されるため、新たな対策と戦略が求められています。例えば、SEMにおいては、従来ならクッキーを使用して一部のコンバージョンを追跡できていたものが、iOSの制限により7日以内や1日以内のデータしか取れなくなる可能性が挙げられます。

マーケティング接点の多様化と利用者の変化

一方で、オンラインとオフラインを組み合わせたマーケティング(OMO)が注目されています。言い換えれば、従来のマーケティングだけでなく、さまざまな顧客接点を用いたターゲティングとトラッキングの方法が求められています。その代表例が、LINEなどのSNSを用いたマーケティングです。これにより、ユーザーが普段よく利用している接点を通じて、より自然な形で顧客と接触できるようになります。その結果、顧客の反応率や開封率を向上させることが可能となります。

データ活用の重要性とプライバシー問題の対応

データの活用は、現代のデジタルマーケティングにおいては欠かすことのできない要素です。しかし、その一方で、プライバシーの保護という問題も忘れてはなりません。ここで重要となるのが、データの整備と同時にプライバシーの遵守に配慮したマーケティングの実行です。そのためには、ユーザーの自然な動線の中にプライバシー保護のルールを織り込むことが求められます。例えば、LINEログインなどを用いることによって、必要な識別子を取得しつつも、プライバシー保護の要請に応えることが可能になります。

OMO戦略の最新事例

OMO戦略を活用した印象的な事例としては、一部の企業がSNSを活用したマーケティングにおいて成功を収めた事例が挙げられます。具体的には、これらの企業は、SNSのログイン情報取得という手段を通じて、より自然な形でユーザーと接触し、反応率や開封率の向上に成功しました。これにより、これまでの電話やメールによるコミュニケーションとは異なる、新たな形のマーケティング効果を上げることができました。

これらの事例は、デジタルマーケティングの新たな時代に向けて、どのように戦略や施策を見直すべきかを示しています。顧客との繋がりを強化し、さらなるマーケティングの効果を生み出すためには、これらの最新の事例に学び、自社の戦略を見直すことが求められます。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    セミナーブログ