プライバシー重視の新時代:3rd Party Cookieなしで進む広告の未来

two women facing security camera above mounted on structure Cookie規制・プライバシー関連
Photo by Matthew Henry on Unsplash

プライバシー重視の時代が始まる

これまでのデジタルマーケティングでは、3rd Party Cookieを活用したユーザー行動分析とターゲティングが主流でした。しかし、ユーザーのプライバシー保護に対する意識の高まり、GDPR(一般データ保護規則)の施行により、3rd Party Cookieの使用が厳しく規制されるようになりました。Googleも、2022年に向けて3rd Party Cookieのシャットダウンを予告しています。これにより、デジタルマーケティングの世界にも大きな変革の風が吹き始めています。

広告の未来は3rd Party Cookieなしで

3rd Party Cookieの姿が少なくなることにより、広告の未来はどのように変わるのでしょうか。まず、ターゲティングの手法が変わらなければならないことは明らかです。Googleは、3rd Party Cookieの代わりに「プライバシーサンドボックス」を提案しており、Cookie情報を使わずにユーザーの好みや行動を予測することを可能にしています。また、Appleは、ユーザーのプライバシー設定によってはIDFAの使用を制限し、「スキーム」を通してアプリ間でのユーザー情報の共有を可能にします。いずれの方法も、ユーザーのプライバシーを尊重しつつ、広告効果を追求するという新たな試みが進んでいます。

ファーストパーティーデータがキーとなる

3rd Party Cookieが使用できなくなると、企業が直接自社で収集したファーストパーティーデータの活用が非常に重要になります。ブラウザのCookie情報だけでなく、自社ウェブサイトでのログイン情報や購入履歴、アプリ利用情報などのファーストパーティーデータを活用することで、よりパーソナライズされたマーケティングが可能となります。企業としては、どのようにして高品質なファーストパーティーデータを獲得、保持、活用するかが広告の成功を左右するだけでなく、3rd Party Cookieなしの新しいデジタルマーケティングの形をつくり出す鍵となります。

クライアントとの強い関係構築が求められる

広告代理店やマーケターにとって、3rd Party Cookieなしの世界は新たな挑戦とチャンスをもたらします。その挑戦は、ファーストパーティーデータの収集と活用における各企業の能力が問われる点にありますが、同時に、これを機にクライアントとの関係をより深く強くするチャンスでもあります。1対1の強い関係構築を可能にするコンサルティングや、ファーストパーティーデータの活用を支援する技術提供などを通じて、企業のビジネス成長を直接後押しし、新たなマーケティングの未来を築いていくことが求められています。