TikTok広告ポリシーの解説:禁止されたコンテンツと遵守方法

black iphone 5 on brown wooden table TikTok広告
Photo by SCREEN POST on Unsplash

TikTok広告ポリシー:基本的な規則

中学生からビジネスマンまで幅広い層に愛されている「TikTok」は、現代のデジタルマーケティングにおいて外すことのできないプラットフォームとなっています。その広告の有効性は認知されつつある一方、広告ポリシーについては往々にして理解が深まらず、混乱を招いています。この章では、「禁止内容」を中心に、TikTok広告ポリシーの基本的な規則を解説していきます。規約違反によるアカウント停止などのリスク回避に役立ててください。

TikTok広告ポリシー:禁止されたコンテンツ一覧

次に、TikTok広告ポリシーで禁止されている具体的なコンテンツについて見ていきましょう。禁止されているコンテンツには大きく分けて、性的・暴力的なコンテンツ、差別・偏見を助長するもの、信憑性を欠くものなどがあります。「TikTok 」は、「安全・信頼・楽しさ」の3つを基盤にしたコミュニティを目指しており、これらの方向性を逸脱するものはすべて禁止対象となっています。また、未成年者向けの広告についても、特に厳しい規制が敷かれています。具体的な禁止事例についてはリスト形式でもって明示されていますので、厳密にチェックすることをお勧めします。

TikTok広告ポリシーの遵守方法

禁止コンテンツに該当しないような広告を作成するためにはどうすればよいのでしょうか。まず、利用者の安全を第一に考えてデザイン・文言を考えることが重要となります。そして、 商品またはサービスの信憑性を損ねないような表現にすることも求められます。具体的には、誇大広告を避け、製品が提供する真実の価値を明確に表現すると良いでしょう。また、広告審査においても、ランディングページ(LP)の内容も審査対象となりますので、LPの情報も正確性を持って提供することが重要となります。

まとめ:効果的なTikTok広告を実現するために

今回紹介した内容を踏まえ、通常広告と同様にTikTok広告にも最善の努力を払って取り組むことをおすすめします。TikTokは独自の規模と利用者層を持っており、なおかつ高いエンゲージメントを実現しているプラットフォームです。これらの特性を理解し、広告ポリシーを遵守して最適な広告戦略を練れば、より効果的なマーケティング活動が可能になるでしょう。禁止コンテンツを避け、鮮やかなクリエイティブと有意義なメッセージで利用者にアプローチしてください。そして、TikTokが提供する巨大な市場とその可能性を最大限に引き出してください。