LINE掲載面でのビューアブルインプレッション計測がスタート!

a 3d image of a triangular shaped object LINE広告
Photo by Sachin Khadka on Unsplash

ビューアブルインプレッション計測とは?

まず、ビューアブルインプレッションとは何かについて説明します。これは広告がユーザーに表示された際に、その広告が実際に見えている状態(ビューアブル)であったかどうかを計測する方法のことを指します。広告が表示されただけでなく、ユーザーが広告を見ていることを計測できるため、広告の効果測定がより精緻に行えます。簡単に言えば、「見られたかどうか」を計測することで、より質の高い広告効果を体感することができます。

LINE掲載面でのビューアブルインプレッション計測のメリット

そんなビューアブルインプレッション計測が、LINEの掲載面でも導入されたことにより、どのようなメリットがあるのでしょうか。それは何といっても「効果的な広告運用」です。例えば、広告が実際に見られたかどうかのデータを元に、広告の配信時間帯やデザインを調整することができます。これにより、広告のクリック率やCV率を上げることが可能となります。また、ビューアブルインプレッションのデータを元に、広告の配信先を選定することもできます。結果的に広告のリーターゲティングがより効果的に行えるようになり、ROIの向上に繋がるでしょう。

ビューアブルインプレッション計測による広告運用の成功事例

具体的な成功事例を挙げておきましょう。ビューアブルインプレッション計測を導入したある企業では、広告配信の最適化により、クリック率が向上しました。また、より広告が見られやすい時間帯に配信を集中させることで、同じ広告費を使いつつもインプレッション数が増え、結果的にCVも増加しました。これがビューアブルインプレッション計測による効果の一例です。これらの成功を受け、企業の間ではすでにビューアブルインプレッション計測の導入が進んでいます。

ビューアブルインプレッション計測と広告運用の今後

そして、このビューアブルインプレッション計測と広告運用の関係について今後を見据えてみましょう。現在の広告業界では、クリックやインプレッションを計測する広告配信方針から、ビューアブルインプレッションを重視した広告配信方針にシフトしています。更にはAIがビューアブルインプレッション計測のデータを学習し、広告配信を自動的に最適化するなど、新たな広告運用のスタイルが期待されています。それにより、広告の効果とコストの最適化が進み、広告運用の効率化・効果最大化が図られることでしょう。