GTMとGA4の基本:イベント計測の初級編

アクセス解析

GTMとGA4の基本概念

今日のデジタルマーケティング業界では、GTM(Google Tag Manager)とGA4(Google Analytics 4)は無くてはならない存在です。この二つは、ウェブサイトの訪問者の行動を把握し、そのデータを基にマーケティング活動を計画する際に不可欠なツールです。GTMはウェブサイトにタグ(トラッキングコード)を設置してデータを収集し、そのデータをGA4に送信します。GA4はその収集したデータを元に、詳細なレポートを作成する役割を果たします。

GTMはコードの編集など専門的なスキル無くタグを管理することができるため、マーケティング担当者が直感的に利用できるのが特徴です。一方GA4は、従来のGoogle Analyticsのユーザー傾向やクリック数などの基本的なデータに加え、ユーザーエンゲージメントやライフタイムバリューなど洗練されたデータ指標を提供します。

GTMを利用したイベント計測の基本

GTMを使ってイベントを計測するためには、まずはじめにウェブサイトにタグを設置する必要があります。これは通常ウェブマスターや開発者が行いますが、GTMのインターフェースを使用すればマーケティング担当者でも簡単に設定することが可能です。ここではボタンクリックやフォーム送信などの「イベント」をトラッキングできるように設定します。

次に、そのイベントが発生した際にどのような情報を収集するか定義します。これには’データレイヤー’と呼ばれる機能を利用します。データレイヤーはウェブサイトとGTMの間に存在する仮想的な層で、そこには計測したいデータが格納されます。ユーザーが特定のイベントを実行すると、その情報がデータレイヤーに送られ、後から分析できるようになります。

イベント計測データをGA4で分析する

GTMで設定したイベント計測データは次にGA4で分析します。GA4の特徴はそのデータ分析力で、様々な観点からユーザー行動を分析することが可能です。例えば、ユーザーがどのページを訪れた後に特定のボタンをクリックしたか、どの広告が最も効果的だったかなど具体的なマーケティング指標を把握できます。

また、GA4はユーザーの行動を一つ一つのイベントとして記録し、それぞれのイベントにパラメータ(属性)を付けることで詳細な分析が可能になります。つまり、ユーザーの全体像だけでなく個々の行動や傾向まで深堀りして分析でき、より具体的なマーケティング戦略を立てることが可能になります。

イベント計測を活用したマーケティング戦略

これまでに述べたようにGTMとGA4を用いたイベント計測は、デジタルマーケティングの非常に力強いツールです。顧客のウェブサイトでの行動を詳細に把握できるため、それに基づいたパーソナライズされたマーケティング戦略を立てることが可能です。例えば、特定の商品ページで時間を過ごした顧客に対しては、その商品に関連する情報提供或いは割引クーポンをメールで送るなど、顧客へのアプローチが具体化します。

また、イベント計測は効果測定にも役立ちます。どの広告やキャンペーンがユーザーの反応を得られたか、どのようなユーザーが反応したかといった情報は、次回のマーケティング活動に活かすことができます。GTMとGA4の組み合わせにより、マーケティングの効率化と効果最大化の実現が期待できます。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    アクセス解析マーケティングツール