GA4移行直前!HP・広告担当者のための必須対応ガイド

アクセス解析

GA4の基本的な変更点を理解する

まず、GA4の基本的な変更点を理解することが大切です。GA4では、これまでのユニバーサルアナリティクス(UA)とは異なるデータモデルが採用されています。UAではセッションベースのデータ収集が中心でしたが、GA4ではイベントベースのデータ収集へと移行します。これにより、ユーザーのエンゲージメントをより詳細に測定できるようになります。

また、GA4ではビッグデータ処理に適したアーキテクチャが採用されており、大量のデータを高速に処理できるようになっています。これにより、リアルタイムでのデータ分析やインサイトの発見がより容易になります。

新しい指標と測定方法を把握する

GA4では、新しい指標や測定方法が導入されています。例えば、「エンゲージメント率」や「エンゲージメント時間」といった指標が追加され、ユーザーのサイト滞在時間や行動をより詳細に把握できるようになります。また、「イベント」という概念が重要になり、ページビューだけでなく、クリックやスクロールなどのユーザーアクションを柔軟に測定できます。

これらの新しい指標や測定方法を適切に設定し、活用していくことが重要です。自社のウェブサイトやアプリにおいて、どのようなイベントを測定すべきか、どの指標が重要なKPIになるのかを見極め、GA4の設定を最適化していきましょう。

データの継続性を確保する

GA4への移行に際して、データの継続性を確保することが課題となります。これまでUAで蓄積してきたデータをGA4に引き継ぐためには、適切な移行作業が必要です。GA4では、UAとは異なるデータ構造やタグ設定が求められるため、単純にデータを移行するだけでは不十分です。

移行作業では、まずGA4プロパティを新規に作成し、必要なタグやイベントの設定を行います。その上で、UAからGA4へのデータ連携を設定し、過去のデータを引き継ぐことができます。ただし、完全なデータの継続性を確保するためには、一定期間のデータ収集期間が必要となるため、早めの移行作業が推奨されます。

広告連携の設定を見直す

GA4への移行に伴い、広告連携の設定も見直す必要があります。これまでUAで利用していた広告連携の設定は、GA4では異なる場合があります。特に、Google広告との連携においては、新しいGA4専用のタグや設定が用意されています。

GA4では、Google広告との連携がより強化され、広告のクリックデータとウェブサイトでのユーザー行動データを紐付けて分析できるようになります。これにより、広告の効果測定や最適化がより精度の高いものになることが期待されます。広告担当者は、GA4の広告連携機能を十分に理解し、適切な設定を行うことが重要です。

レポーティングとダッシュボードを再構築する

GA4への移行に際して、レポーティングやダッシュボードの再構築も必要になります。GA4では、これまでのUAとは異なるレポート体系が採用されており、新しい指標やディメンションが導入されています。また、データのビジュアライゼーションにおいても、GA4専用の機能が用意されています。

HP・広告担当者は、GA4の新しいレポート体系を理解し、自社に適したレポーティングやダッシュボードを再構築する必要があります。その際、ステークホルダーとの協議を通じて、必要な指標やKPIを明確にし、データの可視化方法を検討することが重要です。GA4のレポーティング機能を活用し、意思決定に役立つインサイトを引き出せるようにしましょう。

まとめ

GA4への移行は、デジタルマーケティング担当者にとって重要な転換点となります。新しいデータモデルや指標、測定方法を理解し、適切な対応を行うことが求められます。データの継続性の確保、広告連携の設定見直し、レポーティングの再構築など、移行に向けた準備作業は多岐にわたります。

しかし、GA4への移行は、単なる課題ではなく、大きなチャンスでもあります。GA4の強化された機能を活用することで、より詳細で actionable なインサイトを得ることができます。ユーザーのエンゲージメントを深く理解し、データドリブンなマーケティング施策を展開することが可能になるでしょう。

HP・広告担当者の皆さんは、GA4移行に向けて万全の準備を整え、新しいアナリティクスの時代を迎えましょう。適切な対応とデータ活用により、マーケティングの成果を向上していくことが期待されます。GA4への移行は、デジタルマーケティングの新たな幕開けとなるでしょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    アクセス解析マーケティングツール