フリークエンシーの意味とは?リーチやリーセンシーとの関係性を理解しよう

text デジタルマーケティング基礎知識
Photo by Edz Norton on Unsplash

フリークエンシーの基本的な意味を理解する

フリークエンシーとは、広告学における専門用語の一つで、特定の広告媒体を通じてどれくらいの頻度で広告が配信され、あるいはその広告が消費者にどれくらい視聴、閲覧されたかを表現するための指標です。つまり、広告の掲載回数だけでなく、その広告がどの程度の視聴者・読者に到達したかを考える際の重要な指標となります。

フリークエンシーは広告の効果を測定する上で非常に重要な役割を果たします。一般的に、消費者は広告を一度だけ見た場合よりも何度も見た方がその商品やサービスを購入する確率が高くなると考えられています。つまり、フリークエンシーが高ければ高いほど広告が効果的であると考えられているのです。ただし、同じ広告を何度も見て飽きてしまったり、反感を持つ消費者もいるため、フリークエンシーが高すぎると広告効果が逆に下がる可能性もあります。

リーチの意味とフリークエンシーとの関連性

リーチとは、ある広告が特定の期間内に一度でも接触した人々の総数を指すビジネス用語です。つまり、広告がどの程度の規模で配信され、どのくらいの人々にリーチしたかを表す重要な指標です。リーチは一般的に「有効リーチ」と言い換えることもあり、これは特定の広告が消費者に有効に届いた数を意味します。

フリークエンシーとリーチとは、広告の効果を測るためのふたつの主要な指標であり、両者は密接に関連しています。広告が一度でも視聴者・読者に到達したら、それはその広告の「リーチ」が1になります。そして、その広告が繰り返し視聴・閲覧されるたびに、「フリークエンシー」が増加します。したがって、広告キャンペーンの成功を評価する際には、結果を最適化するためにフリークエンシーとリーチの両方を考慮することが重要です。

リーチとリーセンシーの関連性

広告業界ではリーチと並んでよく使われる言葉に「リーセンシー」があります。リーセンシーとは、消費者が広告や商品に最後に触れた時点からの経過時間を指す指標です。適切なタイミングで広告を表示させることで、消費者の購買意欲を高めることができるため、広告配信の効果を高める上で重要な概念となっています。

このリーセンシーは、リーチと併せて考慮するとより効果的な広告運用・配信につながります。例えば、商品を購入した直後や特定の動画コンテンツを視聴した直後の消費者に対して、関連した広告を即座に表示することで高い効果を発揮することが可能です。つまり、リーチとリーセンシーを組み合わせることで、広告の品質と視聴率を最大化することができます。

フリークエンシー、リーチ、リーセンシーを効果的に利用する

フリークエンシー、リーチ、リーセンシーはすべて、デジタルマーケティングの領域で広告の効果を評価・最適化するための重要なツールです。フリークエンシーとリーチから広告の到達範囲と視聴頻度を理解し、リーセンシーから消費者ひとりひとりの行動や反応を理解することが重要です。

この3つの指標を効果的に用いることで、広告は適切なターゲットに対して適切なタイミングで表示され、最大の効果を発揮することができます。これらの概念を理解し適用することにより、広告主やマーケターは広告戦略をより適切に計画し、適応させることが可能となります。