ROAS、ROI、CPAの違いと適切な指標選択のポイント

person using phone and laptop デジタルマーケティング基礎知識
Photo by Austin Distel on Unsplash

ROAS、ROI、CPAとは何か:基本的な理解を深める

デジタルマーケティングにおいて、ROAS(Return On Advertising Spend:広告投資対効果)、ROI(Return On Investment:投資対効果)、CPA(Cost Per Action:顧客獲得単価)といった指標は重要です。まずROASは広告に投じた費用に対する売上の比率を指す指標で、広告の効果を直接的に把握するために使われます。次にROIは、投資対効果という意味で、投資によって得られた利益を投資額で割った値を指し、これを用いることで投資活動全体の利益性を評価できます。最後にCPAは、広告によって生じた行動(購入、会員登録など)1つ当たりの広告費用を示す指標で、パフォーマンスマーケティングの世界では特に重視されます。

ROAS、ROI、CPAの適切な使い分け方

これらの指標を意識して適切に使い分けることで、より具体的なマーケティング施策を立てることが可能になります。ROASは広告の直接的な成功を測る指標なので、短期的な広告キャンペーンの効果測定に適しています。一方、ROIは投資全体のリターンを見る指標なので、中長期的な視点でのビジネスの展望に用いることができます。そして、CPAは具体的な行動を促すことが目的の広告(例:商品を買う、アプリをダウンロードするなど)の結果判断に役立ちます。

各ビジネスステージでの適切な指標の選択

また、ビジネスのステージによっても適切な指標は変わってきます。たとえば、新規事業や新商品の立ち上げフェーズでは、どれだけ広範に顧客を獲得できるかが求められるため、CPAが重視されることが多いでしょう。一方、既に一定のユーザーベースを持つ事業や成熟期の製品は、より一層のビジネス拡大を目指すためにROIやROASを重視する傾向にあるかもしれません。

PDCAサイクルを用いた指標の見直しと調整

勿論、これらの指標はすべてビジネスごとに最適な値があり、それに向けて日々調整を行うことが求められます。このような最適化の過程で重要なのがPDCAサイクルで、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善) の順に進めていき、常に最適なマーケティング施策を行うことができるようにすることが求められます。また、各指標の数字が示す結果だけでなく、そこに至る過程や背後にある顧客の行動などもしっかりと把握することで、より深い洞察と改善策を見つけ出すことができます。