トラッキング困難時代の新規コンバージョン追跡とデジタルマーケティング戦略

セミナーブログ

トラッキングが困難な時代に必要な新規コンバージョンの追跡

現代のデジタルマーケティング界隈では、様々なツールを駆使して新規ユーザー獲得を目指しています。それらのツールの中でも、特に重要な役割を果たしているのが「トラッキング」です。これはユーザーの行動を追跡し、それに基づいて最適なマーケティング戦略を立てるための手段です。しかし、取得できるデータの期限制限などの影響により、今後トラッキングはますます困難な時代に突入していくことでしょう。

それゆえ、我々が重要視すべきは、トラッキングの視点を新規コンバージョンに向けることです。新規コンバージョン数を最大化するためには、まずその新規コンバージョンが正確に計測できるようにする必要があります。霧の中で車を運転するような危険性を伴う「見えない」状況から、「見える」状況に変えるための最初のステップとなります。

適切な予算配分による新規ユーザー獲得

デジタルマーケティングの予算配分は、企業全体の成長を左右する重要な要素であり、これを適切に行うことで新規ユーザーの獲得を促進することが可能となります。マーケティングの予算を効果的に使うことで、新規顧客の獲得や既存顧客とのリレーションシップを図ることが可能になるのです。

特に新規ユーザー獲得に力を入れる場合、各マーケティングチャンネルの効果を正確に評価し、それに基づいて最適な予算配分を行う必要があります。これには、専用の分析ツールを活用してトラッキングデータを分析し、各チャンネルのコンバージョン率を計測することが必要です。

パーソナライズされたコミュニケーション

顧客一人一人の興味やニーズに応じたパーソナライズされたコミュニケーションの必要性は、デジタルマーケティングにおいてますます重要視されています。クッキーレス時代、つまり個々のユーザー行動の追跡が困難となる時代には、一層顧客理解の精度を高め、それぞれの顧客に最適なメッセージを伝えることで新規ユーザーの獲得と既存顧客のリテンションを図ることが重要です。

CRMツールやDMP(Data Management Platform)を活用し顧客データの一元管理を行い、そのデータを基にセグメント化したりパーソナライズしたコミュニケーションを行うことが求められます。個々のユーザーが何を求め、その解決策をどのように提示すればよいかを精度高く探ることで、一人一人のユーザーに対する接触回数を増やすことが可能になります。