運用型広告の基礎知識とは?予約型広告との比較も解説!

person holding pocket watch デジタルマーケティング基礎知識
Photo by Akshar Dave🌻 on Unsplash

運用型広告の基礎知識

運用型広告とは、広告主が予算やターゲット設定を行い、広告配信の効果をリアルタイムで計測しながら配信を調整していくタイプの広告です。運用型広告はプログラム買付ネットワークを介してバイディング(競り)形式で広告枠を購入し、後配のユーザーに対して広告を配信します。

これにはいくつかの特徴があり、その一つが「広告効果の即時計測・分析」です。通常の広告では配信後に効果を計測しますが、運用型広告はリアルタイムで効果を計測し、その結果を元に配信を最適化することが可能です。

ユーザーの反応や配信状況を詳細に把握することができ、その結果を広告配信にフィードバックすることで最大限の効果を引き出すことができます。また、ターゲティング機能を活用することで、特定のユーザーグループへ広告を配信することが可能で、効率的な広告配信が可能となります。

予約型広告とは?

予約型広告は、一定期間内で広告枠を予約し、その期間内に広告を配信する形式の広告です。広告主は配信期間や広告枠の規模、配信時間帯などを事前に決定し、決められた期間内に広告を配信します。

予約型広告の大きな特徴は、配信期間や広告枠をあらかじめ確保できるという点です。これにより、事前に計画したマーケティング戦略に沿って広告を実施することが可能です。また、一定の広告枠を確保した上で広告を配信するため、広告配信の露出が保証されます。

しかし、予約型広告の場合、一度決定した広告配信計画を途中で変更することは難しいという点が挙げられます。一方、運用型広告はリアルタイムで広告配信の調整を行うことが可能であることから、柔軟な広告配信が可能となります。

運用型広告と予約型広告の相違点

運用型広告と予約型広告の違いを総括すると、最大の違いは「広告配信の調整の可否」および「配信される広告枠の確定性」にあります。運用型広告はリアルタイムで広告配信の調整が可能であり、適切なターゲット設定や広告配信の調整によって広告効果を最大化することが可能です。

一方、予約型広告は確定的な広告枠を確保することで配信の安定性を確保しますが、その反面、配信期間や配信枠を途中で変更することは難しく、広告効果の最大化の観点では運用型広告に一部で劣る面もあります。

最適な広告形式の選択

長所と短所を踏まえたうえで、運用型広告と予約型広告のどちらを選ぶべきかは、広告主の目的や予算、リソースによります。リアルタイムでの広告効果の最大化を求めるのであれば運用型広告が向いています。

一方、事前に計画したマーケティングに基づいて広告配信を行うことを重視するのであれば、予約型広告の利用が適しています。いずれにせよ、どの広告形式を選択すべきかは、広告主自身が持つ目的やリソースを明確に把握した上で決定することが求められます。