Meta認定資格:取得のメリットと学習方法を解説

a white and blue square with a blue logo on it Meta広告(Facebook・Instagram・Threads)
Photo by Muhammad Asyfaul on Unsplash

Meta認定資格とは

Meta認定資格とは、FacebookやInstagram等を運営するメタプラットフォームズが発行しているデジタルマーケティングの認定資格です。この資格には様々な種類があり、それぞれが特定の分野において専門知識とスキルを証明します。例えば「認定デジタルマーケティング関連資格」は、Meta広告プラットフォームを用いたマーケティング戦略の設計と実施、配信結果の評価能力を示すもので、デジタルマーケティングに関する基礎知識から実践的な知識までを網羅しています。

Meta認定資格のメリット

Meta認定資格を取得するメリットは3つあります。まず第1に、この資格を持つことで個人や組織がデジタルマーケティングに関する専門的な知識とスキルを持っていることを実証できます。そのため、客観的に自身の能力を示せる資格として高い信頼性を持ちます。

第2のメリットは、自己啓発とスキルアップのための手段として活用できることです。試験には、デジタルマーケティング全般に関する知識だけでなく、最新のトレンドや戦略に関する詳細な問題が出題されます。そのため、自身のスキルを向上させつつ、最先端のマーケティング手法を理解することが可能です。

第3のメリットとして、自社のビジネスでの競争優位性を保つための手段として活用できます。Meta認定資格を持つことで、顧客やパートナーに対し自社が専門的な知識とスキルを持っている証拠を示し、信頼を勝ち取ることができます。

Meta認定資格の取得方法

Meta認定資格の取得にはまず、様々な種類の認定資格の中から、自分の目標やニーズに合わせて選ぶ必要があります。次に、選んだ資格の試験範囲について学習を始めることが必要です。これには、Metaが提供している無料のオンラインコース「Blueprint」や、一部の資格には専門的な知識を深めるための先進的なコース「Advance」を利用します。

この学習を経て、自信がついたら、オンラインで試験を受けます。試験は全て英語で行われ、所要時間と問題数は資格により異なります。合格すれば、試験結果とデジタルバッジがメールで送られてきます。

Meta認定資格を活用する

Meta認定資格を取得したら、それを最大限に活用しましょう。クライアントへの提案時や営業活動などで、自分が専門家であることを証明するための証として活用します。また、LinkedInなどのプロフィールに資格を追加することで、自分のスキルを広くアピールすることも可能です。