Google広告認定資格のすべてを網羅!試験対策から取得までの手順を解説

person using MacBook Pro Google広告
Photo by Campaign Creators on Unsplash

Google広告認定資格とは

Google広告認定資格は、Googleが提供する広告プロダクトの知識を証明するための資格です。この資格を取得することで、Googleの広告プロダクトやデジタルマーケティングの知識に精通しているということが公式に認められます。資格は、Google広告の基本的な知識を証明する「Google広告基礎」、さらに詳しい特化分野(検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告)を証明する各資格から構成されています。業務でGoogle広告を活用する方だけでなく、その知識を身につけたい新入社員や学生にもおすすめです。

Google広告認定資格取得のメリット

Google広告認定資格を取得するメリットはさまざまです。まず、Google広告の理解と知識が深まるという大きな利点があります。各種広告プロダクトの運用と最適化のノウハウを、具体的な問題例を通して学んでいくことが可能です。また、Google広告という世界的にも有名なツールを使いこなせるスキルを証明できるため、仕事の幅が広がるでしょう。続いては、企業やお客様に対して自身の専門性とスキルをアピールできる点です。認定バッジや証明書を利用して、自己アピールに活用することができます。

Google広告認定資格の取得方法

Google広告認定資格を取得するためには、認定試験に合格する必要があります。学習の参考となるGoogle公式の無料教材「Google広告学習センター」が提供されています。まずは、「Google広告基礎」の教材をしっかりと学んで基本的な知識を身につけましょう。その後、自身の関心や必要に応じて特化分野の教材を進めていきます。全ての学習が完了したら、オンラインで試験を受けて合格すれば認定資格を取得できます。毎回一定数以上の正解が必要となるので、反復学習を活用して理解を深めていきましょう。

Google広告認定資格試験対策

Google広告認定試験対策としては、まず公式教材で基本的な理解を固めることが重要です。試験範囲は教材に沿っているため、教材をベースに理解を深めていくと良いでしょう。また、実際にGoogle広告ツールを使ってみることで、頭で理解している知識を具体的な操作に結び付けることができます。具体的な場面や数値をもとに問題を解いていくことで、より深い理解を得ることができます。時間管理やスケジュール設定など、試験特有の要素に対する対策も忘れずに行いましょう。