誤って作成されたGA4プロパティの削除手順

person using macbook pro on table マーケティングツール
Photo by Myriam Jessier on Unsplash

誤って作成したGA4プロパティとは

GA4プロパティとは、新しいGoogle Analytics(以下、GA)のプロパティタイプのことを指します。従来の「ユニバーサルアナリティクス」に比べて、よりダイナミックで柔軟性の高いデータコレクションが可能になっています。デフォルトでGA4プロパティが設定されるようになったことから、既存のプロパティを新規作成し直す必要があり、その中には誤って作成されたものも存在する可能性があります。しかし、誤って作成してしまったGA4プロパティを削除する手順は一筋縄ではいきません。そのため、この記事では、誤って作成したGA4プロパティの削除方法について詳しく解説します。

GA4プロパティの削除適用範囲と前提条件

GA4プロパティを削除すると、プロパティ自体とそれに関連するデータ全てが削除されるため、削除の判断は慎重に行う必要があります。また、削除操作はプロパティの所有者(管理者)のみが行うことができます。削除前には、削除対象のGA4プロパティが間違いなく自分が管理しているアカウント一覧に表示され、かつ、それが本当に削除しても問題ないプロパティか確認する必要があります。なお、削除手続き自体は一度行うと元に戻せませんので、注意が必要です。

GA4プロパティの具体的な削除手順

GA4プロパティの削除手順は次の通りです。まず、「管理」をクリックし、選択欄で削除したいプロパティを選択します。その後、「プロパティの設定」をクリックし、「プロパティを移動または削除」を選択します。画面上に表示される「プロパティを削除」オプションをクリックし、チェックボックスにチェックを入れてから「削除」をクリックします。これで、GA4プロパティの削除手順は完了です。

GA4プロパティ削除後の注意点と今後

GA4プロパティを削除した後、すべての管理者とユーザーは該当プロパティへのアクセス権を失います。また、削除したデータは二度と復元できません。そのため、GA4プロパティを削除する前には、必ず事前調査と検証を行うことが重要です。また、GA4プロパティの削除はあくまで最終的な手段と考え、適切な設定や運用を行って誤った作成を未然に防げるようにすることが望ましいです。

まとめとして、GA4プロパティの削除は適切な理解と手順、そして遂行後の影響を認識することが絶対条件となります。新たなデジタルマーケティングを皆様と共に進化させ、より良いデータ分析環境を構築していきましょう!