TVer動画広告の入稿ルールと素材チェックのポイント

black flat screen tv on brown wooden tv rack その他広告
Photo by Jonas Leupe on Unsplash

TVer動画広告の特性と入稿ルールについて

TVerはテレビ各局の公式サイトで放送したドラマやバラエティなどを無料で視聴できるサービスです。タイムリーなエンタメ情報を届けるために多くのユーザーが利用しており、その数は年々増加傾向にあります。そのため、このサービスを通じての広告は強力なプロモーション手段となり得ます。

しかしTVerに広告を出稿する際には注意しなければならない入稿ルールが存在します。まず、広告の動画は15秒、30秒、60秒のいずれかでなければならず、また音声は必ず付与する必要があります。さらに、広告の明確な商品紹介部分とコール トゥ アクション部分(CTA)、広告主のロゴ表示部分は制限時間内に収まるように配分する必要があります。

入稿ルールのポイント:広告の桁数と画質

また、画質についてはフルHD(1920px×1080px)以上を推奨しています。なお、広告の最後には自動的に広告主のロゴが5秒表示されますので、制作上の注意が必要です。また広告の最小桁数は必ず15秒で、繰り返し再生されることを想定して長すぎる広告は避けるべきです。

さらに重要なポイントが広告のコンテンツ自体です。広告内容は視聴者の関心を引きたつ構成となるよう心がける必要があります。また、視聴率が高い番組や、一部地域の限定的な視聴者層をターゲットにした広告も可能です。これらの特性を理解し、自社のマーケティング戦略に合った広告を作成することが求められます。

入稿の際の重要ポイント:映像の質と視認性

TVer動画広告の入稿には、特別なルールが存在します。その一つが「映像クオリティ」です。テレビ画面で披露するため、一般的なWeb広告よりも高画質であることが求められます。加えて、文字情報を映像内に盛り込む際には視認性が大切です。つまり、文字の大きさ、色、配置などを考慮した上で、視聴者が素早く、正確に情報を把握できるようにする必要があります。

また、音声についても高品質であることが求められます。TVerのサービス特性上、ヘッドホンやイヤホンで聴く視聴者が多いと考えられるため、音声のクオリティが広告の評価に直結します。そのため、音質や音量の調整、バランスを適切に行い、視聴者に最適な音響表現を提供することが重要です。

素材チェックのポイントと注意事項

最後に、入稿した素材のチェックについてポイントを押さえておくことが重要です。素材チェックでは、映像と音声の品質はもちろんのこと、入稿した広告がTVerの基準及びガイドラインに適合しているか確認します。ここでは視覚的な要素だけでなく、コンテンツの品質も重視されます。適切なメッセージを伝え、視聴者の関心を引きつけることができるような内容が求められます。

また、大切なのはいつも視覴者の視点に立つことです。視覴者がどのように広告を理解し、どのように反応するか考えることで、より効果的な広告を作成できます。加えて、広告の配信状況を定期的にチェックし、異常があれば速やかに対応する姿勢が求められます。