デジタルマーケティングの進化と新たなコミュニケーション戦略:規制、インフルエンサーマーケティング、ユーザー対話の重要性

smartphone on monopod セミナーブログ
Photo by Steve Gale on Unsplash

デジタルマーケティングの進化:新しいコミュニケーションへのシフト

デジタルマーケティングが急速に進化し続けています。インフルエンサーマーケティングの台頭を受けて、企業のマーケティング活動も変革が求められています。その一方で、新たな規制も出され、企業のウェブ活動はさらに厳格化されつつあります。しかし、その中でこそ、企業が直面する課題を乗り越えていくためには、デジタルマーケティングの本質的な部分へ立ち返るべきであります。「直接的な効果が見づらくなってくる時代だからこそ、ユーザーとのコミュニケーションを最適化し、現代のデジタルマーケティングの領域全般を活用していくこと」が求められる、と語られました。

マーケティング戦略の本質:ユーザーとの対話の重要性

次世代のインフルエンサーマーケティング活用について考える際、企業は常に「ユーザーとの対話」を重視するべきです。提供する情報、接触の方法、提供する場面、それらすべてはインフルエンサーに偏るべきではなく、最大の売上を上げるために、どのようなシナリオを作るべきかを常に考えるべきです。インフルエンサーマーケティングは、商品やサービスを知ってもらい、興味を持ってもらい、比較してもらい、最終的には購入してもらう、というマーケティングの流れを実現するための一つの手段に過ぎません。そのため、これからは「マーケティング戦術」ではなく、「ユーザーとのコミュニケーション戦略」として捉える必要があります。

規制下でのポストクッキーのマーケティング戦略

規制が厳格化する中、企業が直面する課題の一つが「ポストクッキーのマーケティング戦略」の検討です。直接的なコンバージョンが見づらくなる中、企業がどのように広告効果を最大化するのか、新たなマーケティング手法を求める必要があります。その中で、プライバシー規制の下での企業の対応として、多様な手段を駆使し、最大の効果を出すようなマーケティング戦略を模索することが求められます。

インフルエンサー選定とPR表記:透明性の確保と倫理規定の尊重

インフルエンサーマーケティングにおいては、「インフルエンサー選定」と「PR表記」に留意することが必要です。インフルエンサー選定においては、単純に有名なインフルエンサーを使うのではなく、企業のターゲットとマッチングする人物を見つけることが重視されます。また、PR表記については、その表示がユーザーにとって見やすい位置にあること、そしてその表示が明確に「PR」であることを示していることが必要です。これは、企業が提供する情報の透明性を確保し、ユーザーに対する倫理規定を尊重するためです。 デジタルマーケティングの風景は、日々変化を続けていますが、その中心には「ユーザーとの関係性」が常に存在しています。これからもこの視点を忘れずに、新たなマーケティングの形を模索し続けることが求められます。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    セミナーブログ