PageSpeed Insights攻略!SEOにおけるレンダリング対策とは

A MacBook with lines of code on its screen on a busy desk SEO
Photo by Christopher Gower on Unsplash

PageSpeed Insightsとは?

PageSpeed Insights(PSI)は、Googleが提供しているウェブページのパフォーマンスを計測するツールです。具体的には、ウェブページがユーザーからの問い合わせを受けてから表示完了までの時間をスコア化し、その最適化のための改善提案を提示してくれます。このスコアは0から100までの値で示され、高いほどウェブページのパフォーマンスが良好と評価されます。

パフォーマンスの評価は、モバイルとデスクトップ、2つの観点から行われます。それぞれの環境で異なる最適化が求められるため、異なるスコアと改善提案が出されます。具体的な評価項目には、「最初のコンテンツの描画」や「相互作用可能までの時間」などがあり、これらが一定の閾値以下に抑えられることで、良好なパフォーマンスと評価されます。

PageSpeed InsightsとSEO

PageSpeed InsightsのスコアはSEOにおける重要な指標のひとつでもあります。Googleは、スピードが遅いウェブページはユーザー体験を損なうため、そのランキングを下げることがあります。

つまり、PSIで高評価を得ることは、より多くのユーザーにウェブサイトを表示するために重要となります。特に、ECサイトや大量のコンテンツを扱うメディアサイトなどでは、素早く情報を提供することが求められるため、PSIのスコア向上は欠かせません。

レンダリング対策の必要性

PageSpeed Insightsのスコアを向上させるためには、ウェブページのレンダリングを最適化する対策が必要となります。レンダリングとは、ウェブブラウザがHTML、CSS、JavaScriptなどのコードを読み込み、画面に表示するまでの一連の流れを指します。

この流れが遅延すると、ウェブページの表示速度が遅くなり、ユーザー体験が悪化します。また、Googleのクローラーもレンダリング速度を評価し、遅いサイトはSEO評価を下げる要因となります。そのため、レンダリングの遅延を解消し、ウェブページの表示をスムーズにする対策が求められます。

レンダリング対策と具体的な方法

レンダリングの遅延を解消するためには、以下のような方法があります。

まず、レンダリングをブロックする原因となる外部CSSやJavaScriptの読み込みを最適化します。具体的には、CSSは可能な限りインライン化し、JavaScriptは非同期読み込みにするなどの対策が有効です。

また、ウェブページに重いメディアファイルが含まれている場合、その最適化も重要です。画像は適切な形式に変換し、サイズを最適化することで読み込み速度を改善します。動画は、遅延読み込みを利用するなどして、初期表示速度に影響を及ぼさないようにします。

最後に、サーバーの応答速度を向上させることも重要です。キャッシュの最適化やCDNの利用などでサーバーからの応答時間を短縮すると、全体の表示速度が改善します。

これらの対策を行い、PSIのスコアを高めることで、SEO評価も向上し、ウェブサイトへの訪問者数増加につながります。