BigQuery Data Transfer Serviceのデータセットコピー手順の詳細解説

turned on flat screen monitor マーケティングツール
Photo by Chris Liverani on Unsplash

BigQueryとは

BigQueryはGoogle Cloud Platformの提供するフルマネージド型で高速なエンタープライズクラスのデータウェアハウスで、膨大なデータセットを高速に分析することができます。デジタルマーケティングの現場では、複雑で大規模なデータを扱うため、このような高速なデータ分析が可能なツールが必要不可欠となります。システムのセットアップや管理が不要なため、エンジニアリングリソースを節約しつつ、即座に洞察力のある分析を行うことができます。

BigQuery Data Transfer Serviceとは何か

BigQuery Data Transfer Serviceは、BigQueryへのデータの定期移行を自動化するサービスです。例えば、Google広告、YouTube、Google PlayなどのGoogleのアプリケーションからのデータを、定期的にBigQueryに転送して分析することができます。データは元のフォーマットのまま保持され、変換や解析のために必要なスキーマが自動的に適用されます。これにより、データ取り扱いの手間が大幅に減り、データ分析に集中することが可能になります。

BigQuery Data Transfer Serviceのデータセットコピー手順

BigQuery Data Transfer Serviceを用いたデータセットのコピーは、次の手順で行います。まず、Google Cloud ConsoleのBigQueryページを開いて、「データ転送」をクリックします。次に、「転送サービスの作成」をクリックし、ソースとなるアプリケーションを指定します。アプリケーションによっては、認証が必要になる場合があります。その後、転送先のデータセットを指定し、転送スケジュールを設定します。最後に、「転送の作成」をクリックします。これで、指定されたスケジュールで自動的にデータがBigQueryに転送されます。

BigQuery Data Transfer Serviceを活用したデジタルマーケティング

BigQuery Data Transfer Serviceを活用することで、デジタルマーケティングの効率を飛躍的に向上させることができます。特に、一つのキャンペーンに対して複数のチャネルを使用するマルチチャネルマーケティングでは、それぞれのチャネルから得られるデータを一元化して分析することが重要です。この際、BigQuery Data Transfer Serviceによってそれぞれのチャネルからのデータを自動的にBigQueryに転送し、高速に分析することが可能になります。これにより、キャンペーンの効果をより正確に評価し、より効果的なマーケティング戦略を策定することができます。