Yahoo!ディスプレイ広告のタグをGoogle Tag Manager(GTM)に切り替える方法

shallow focus photography of computer codes Yahoo広告
Photo by Shahadat Rahman on Unsplash

Yahoo!ディスプレイ広告とGoogle Tag Managerの特性

始めに、Yahoo!ディスプレイ広告とGTMの特性について理解しておきましょう。Yahoo!ディスプレイ広告は、Yahoo!の広範囲なネットワーク上で広告を掲載できる広告サービスです。対するGTMは、様々な広告タグを一元管理できるツールです。使用感も直感的で、タグ管理がとても楽になります。これらの機能を活用することで、広告運用の負担を軽減することが可能となります。

Yahoo!ディスプレイ広告のタグをGTMに移行する理由

では、なぜYahoo!ディスプレイ広告のタグをGTMに移行するべきなのでしょうか。その理由は、タグの一元管理にあります。GTMを使えば、Yahoo!ディスプレイ広告のタグを含む様々なタグを一つのインターフェースで管理することが可能です。これにより、一つ一つのタグを個別に管理する手間が省け、広告運用の効率化を実現できます。

Yahoo!ディスプレイ広告のタグをGTMに移行する手順

GTMにYahoo!ディスプレイ広告のタグを移行する手順を紹介します。まず、GTMのダッシュボードから「新しいタグ」をクリックします。次に、タグの設定から「カスタムHTML」を選択し、Yahoo!ディスプレイ広告のタグを入力します。その後、「トリガー」を設定し、「保存」をクリックします。これでYahoo!ディスプレイ広告のタグがGTMに移行され、一元管理することが可能となります。

Yahoo!ディスプレイ広告のタグをGTMに移行する注意点

最後に、Yahoo!ディスプレイ広告のタグをGTMに移行する際の注意点をご紹介します。タグを移行した後は、必ず検証作業を行うようにしましょう。GTMの「プレビューモード」を利用すると、タグが正しく動作しているかをリアルタイムで確認することができます。もしタグが正しく動作していなければ、設定に誤りがある可能性があるため、再度設定を見直すことが必要です。

以上、Yahoo!ディスプレイ広告のタグをGTMに切り替える方法について解説しました。広告運用を効率的に行うためにも、GTMの活用をぜひ考えてみてください。