3rd Party Cookie規制と広告の未来!影響を理解し、対策を考える

man on grass field looking at sky Cookie規制・プライバシー関連
Photo by Benjamin Davies on Unsplash

3rd Party Cookie規制の概要

2024年までにGoogleが3rd Party Cookieを廃止するという方針の発表を受けて、広告業界では大々的な議論が始まっています。3rd Party Cookieとは、ユーザーのウェブサイト間の行動を追跡し、その情報を基にパーソナライズした広告を表示するためのデータを提供するもので、これまでデジタル広告の配信には重要な役割を果たしてきました。これが利用できなくなると、広告効果の最適化が難しくなるだけでなく、広告のターゲティングやリターゲティングが難しくなる可能性があります。ただし、これにはユーザーのプライバシー保護という観点からの理解が必要で、この規制はデジタル広告のあり方そのものを見直す良い機会でもあります。

3rd Party Cookie規制の影響

3rd Party Cookie規制の影響は広告業界全体に影響を及ぼします。具体的には、リーチや周波数の管理、クロスデバイスやクロスチャネル測定、オーディエンスターゲティング、リターゲティング、配信の効果測定等、デジタル広告の配信や効果測定に関する多くの部分が影響を受けることになります。現状では、代替手段や新たな解決策が適切に提供されていないことから、混乱が生じる可能性がある一方で、業界全体が新たな広告手法を模索するきっかけにもなるでしょう。

3rd Party Cookie規制への対策

まず、自社のデータを最大限に活用することが重要となります。すでに顧客の属性や購買履歴などの「First Party Data」を収集している企業は強みを持っています。これらのデータは自社で管理しているため、規制影響を受けずに広告の配信や改善が可能です。また、広告配信手段として、より質の高いコンテンツマーケティングやインフルエンサーマーケティング等のリーチ手段を検討することも有効です。3rd Party Cookieが利用できなくなることで、広告は一部の利便性を失いますが、それは同時に広告配信の質を上げる機会でもあります。

広告の未来とは

プライバシーの重視という潮流はこれからも消えることはないでしょう。そして、ユーザーの理解や信頼を得るためには、データ利用の透明性の確保が必要となります。この規制はそのような視点から広告業界に「質」の重視を迫るもので、広告の未来はよりパーソナライズされ、かつユーザーにとって価値のあるものになるでしょう。つまり、ユーザーの意図や関心を理解し、それに合った情報を提供するという、「質」の追求が求められることとなります。