Microsoft Clarityを活用してウェブサイトの改善を行う方法

person holding sandstone microsoft Surface laptop laptop マーケティングツール
Photo by Surface on Unsplash

はじめに:Microsoft Clarityの基本機能とメリット

Microsoft Clarityは、Microsoftが提供する無料のビジュアル化ツールで、Webサイトのユーザー行動を視覚的に把握することを可能にします。具体的にはユーザーのクライックやスクロール、マウス移動の動きをリアルタイムで追跡、可視化できます。これにより、ウェブサイト訪問者の行動パターンが一目で分かり、どのような機能やコンテンツがユーザーにとって有効で、どの部分が改善が必要かを的確に判断できます。理解しにくいデータを直観的に視覚化することで、ウェブサイト改善へのアクションを起こすことが可能になります。

Microsoft Clarityの活用方法1:Heatmap

Microsoft Clarityの中でも特に注目すべき機能は「Heatmap」です。この機能を用いると、訪問者がページ上でどこをクリックしたか、どの部分を長く見たか、といった情報を色の濃淡で表示します。明るい色ほど多くのユーザーが注視したりクリックしたりする場所を表し、ダークな色は反対に少ない注視やクリックを表します。これにより、どの部分にユーザーが興味を示しているか、また、どの部分が見落とされているか、直感的に把握可能です。これを活用し、見落とされがちなコンテンツ位置の最適化や、新たなコールトアクションボタンの配置等を考慮することで、ウェブサイトの改善を行うことが可能です。

Microsoft Clarityの活用方法2:Session Recordings

また、Microsoft Clarityには「Session Recordings」という機能もあります。これは特定のユーザーのWebサイト訪問全体を録画し、再生できる機能です。訪問者一人一人の挙動を具体的に知ることで、ユーザーがどのページでどれだけ滞在し、どのような動きを見せたのか詳細に分析することができます。これにより、たとえば具体的な操作エラーしにくいUI、訪問者の離脱ポイントなどを発見し、その原因を特定することが可能です。ユーザーの行動をリアルタイムで視覚化できることから、微調整を行うだけでなく、ウェブサイト全体の流れを見直すような大きな改善施策を立てることも可能になります。

Microsoft Clarityを用いた成功事例とその活用法

Microsoft Clarityを活用した成功事例の一つとして、電子商取引サイトの改善が挙げられます。あるECサイトは、商品詳細ページへのアクセスはあるにも関わらず、カートに商品が追加される回数が思うように増えないという課題を抱えていました。そこでMicrosoft ClarityのSession Recordingsを活用し、ユーザーの行動を詳細に追跡することで、購入ボタンが見つけにくい位置にあることが原因であることを発見しました。それを改善した結果、カートに商品が追加される回数は増加し、結果的に売上アップに繋がりました。

この成功事例からも分かるように、Microsoft Clarityを使用することによって、単にユーザー行動の分析を行って問題を把握するだけでなく、その問題解決に直結した改善施策を立てることが可能です。また、ユーザーの視線を追跡するHeatmapやSession Recordingsなどの機能は、ユーザビリティテストを行う上でも非常に有用なツールとなります。これらの機能を活用することで、Webサイト上のどの要素がユーザーにとって魅力的で、それによりどのような行動につながっているのかを理解し、それに基づいた改善施策を行うことができます。