マーケターのためのDWHとCDP比較ガイド

silver iMac turned on inside room デジタルマーケティング基礎知識
Photo by Lee Campbell on Unsplash

DWH(データウェアハウス)とは

データウェアハウス(DWH)は、組織が保有する様々なデータを一元化し、ビジネス上の意思決定や経営の方針を策定するために必要な情報を提供するシステムのことです。DWHは企業が保有する全てのデータを取り込み、整形、再構築を行うことで、統一性と整合性を持ったデータ基盤となります。
ウェブマーケティングにおいては、広告やウェブアクセスのログなど、ビックデータをベースにユーザーの行動パターンを分析し、より効果的なマーケティング戦略を強化するためにDWHが利用されます。
DWHの特性は、大量のデータを長期保存することができ、データ構造を定めることで組織全体で共有しやすく、独自の分析が可能な点にあります。これにより、経営の意思決定や報告、分析といった情報活用が容易になります。

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは

カスタマーデータプラットフォーム(CDP)は、企業が所有する顧客情報データを一元管理し、個々の顧客に合わせたパーソナライズドなマーケティングを実現するためのソリューションです。
具体的には、ユーザーのオンライン行動データや購入履歴、アンケート結果など、様々なデータを一元管理し、それを分析することで顧客一人ひとりのニーズや嗜好を捉えることが可能になります。
CDPは、ユーザーの個々の情報をリアルタイムに収集・更新することが可能で、その結果を基にRtoM(Real Time Marketing)などのタイムリーなマーケティング活動が可能になります。
リアルタイムな情報更新といった点でCDPは、既存のCRMやDWHと異なる特徴を持つマーケティングツールと言えます。

DWHとCDPの違いとそれぞれのメリット

先述の通り、DWHとCDPはマーケティング活動のために顧客データを一元管理するという共通点を持ちつつも、それぞれに異なる特性があります。
まず、DWHは長期間にわたる大量のデータを保存・管理することが可能で、そのデータから包括的なビジネス分析を行うことが可能で、全企業的な情報活用においてポジティブな影響を与えます。一方で、DWHの情報更新はあらかじめ設定したタイミングでの一括更新となるため、リアルタイム性には苦手といえます。
一方、CDPはユーザーごとのデータをリアルタイムに更新・集計することができ、その情報をもとにしたリアルタイムマーケティングが可能です。しかし、CDPは主にマーケティング活動のためのユーザー情報に重きを置くため、全体的な企業戦略を盛り込むためのデータは限られます。
したがって、どちらが優れているというわけではなく、目的に応じてDWHとCDPを適切に活用することで、より効果的なマーケティング活動が可能になります。

DWHとCDPの活用方法

DWHとCDPのそれぞれの特徴を理解した上で、目的に応じて活用すべきです。
DWHは全社的な情報管理や長期的なビジネス視点での分析に対して適しているため、マーケティング活動だけでなく、経営戦略の策定や将来的な事業構想を練るためのベースとなる情報提供にも向いています。
一方、CDPはユーザーごとの詳細な情報をリアルタイムに把握し、その情報に基づいたパーソナライズドなマーケティング活動を実施したい場合に有用です。これにより、ユーザー一人ひとりのニーズに合わせたコミュニケーションを実現し、ユーザー満足度やリテンションの向上、さらには新規顧客獲得にも寄与します。
両者は一部機能が重複するため、それぞれの特性を踏まえた上で組織のビジョンや戦略に沿った適切な投資判断を行うことが重要です。