Google Tag Manager(GTM)の活用方法:ウェブサイトパフォーマンスを向上させる

sticky notes on corkboard デジタルマーケティング基礎知識
Photo by Jo Szczepanska on Unsplash

Google Tag Manager活用法の基礎:データ収集と管理の最適化

Google Tag Manager(以下、GTM)は、ウェブサイトに設置するタグを一元管理するためのツールであり、その活用方法はマーケターにとって必須の知識です。タグとは、ウェブサイトの利用者行動を追跡するためのコードのことで、これを利用することで訪問者の行動の分析、広告効果測定が行えます。しかし、多数のタグを管理するのは容易な作業ではありません。その点、GTMは一元管理が可能であり、しかもツール内部でタグの設置、編集、削除が行えるため、手間が軽減され、適切なデータ収集と効率的な運用が可能になります。

GTM導入のメリット:ウェブサイトパフォーマンスの向上

GTMを活用することでウェブサイトパフォーマンスの向上につながります。なぜなら、GTMを利用することでタグの読み込みが非同期で行われるため、ウェブサイトの読み込み速度が遅くなる可能性が低減されるからです。読み込み速度の遅さはユーザー体験の低下につながり、最終的にはコンバージョンの低下(購買行動等)にも繋がります。そのため、GTMの活用はウェブサイトのパフォーマンス向上に役立ちます。

Google Tag Managerの具体的な活用法

さて、GTMの具体的な活用法について見てみましょう。大きくは以下の4つが挙げられます。一つ目は、追跡コードの一元管理です。広告配信のためのリマーケティングタグやコンバージョン測定タグ、アクセス解析のための解析タグ、各種の追跡コードを一元管理します。二つ目は、スクロール追跡です。具体的にどの程度ページを見ているのか、などのユーザー行動を分析します。三つ目は、リンククリック追跡です。どのリンクが何回クリックされるのか、などを把握します。そして、四つ目は、フォーム送信追跡です。どの程度のユーザーがフォームを送信したのか、などを把握します。これらの追跡情報をもとに改善策を考えることができます。

Google Tag Manager導入のステップ

それでは、どのようにしてGTMを導入すればよいのでしょうか。主なステップは以下の通りです。まず、Google Tag Managerのアカウントを作成します。その後、タグの設定を行います。具体的には、新しいタグを作成し、その設定を行うのですが、例えばGoogle Analyticsの場合、トラッキングIDを入力します。次に、トリガーの設定を行います。トリガーとは、タグが発火する条件のことです。例えばあるページが読み込まれたとき、あるボタンがクリックされたときなどがトリガーとなります。最後に、設定したタグを公開します。公開する前にプレビューモードで確認を行い、タグが正しく設定されていることを確認します。以上の手順でGTMを導入することができ、ウェブサイトパフォーマンスの向上に貢献します。これらの手順はどれも重要で、ミスがあるとデータをうまく収集することができなくなります。 GTMを使うことにより、タグ管理が簡易化され、より正確なデータ収集が可能になります。これによりマーケティングの質が向上し、ウェブサイトのパフォーマンス向上に寄与することができます。GTMの導入をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。