サードパーティ Cookie 廃止に向けた準備:企業が取るべき対策とは?

gray framed eyeglasses on book Cookie規制・プライバシー関連
Photo by Caleb Woods on Unsplash

サードパーティ Cookie 廃止の背景とは

世界のデジタル広告市場は、ユーザーのプライバシー保護を目指し、大きな変革を迫られています。その火付け役となったのは、IT大手のGoogleが2022年までにサードパーティCookieの使用を段階的に廃止すると発表したことです。デジタルマーケティングにおいて、ユーザの行動や興味を把握するために広く活用されてきたサードパーティCookie。その廃止により、企業のマーケティング戦略に大きな影響が及ぶことは確実です。この波にどのように対応し、生き残るべきか、その答えを探るために必要な情報をまとめました。

サードパーティ Cookie 廃止の影響

現状、多くの企業がリターゲティング広告やパーソナライズド広告にサードパーティCookieを活用しています。これによりユーザの興味・関心や行動を把握し、それぞれのユーザに最適な広告を表示することが可能となっています。しかし、これらのCookieが利用できなくなると、広告配信が一律で無個性的なものとなり、広告効果が下がることが予想されます。また、広告効果の計測も難しくなるため、ROIの正確な把握が困難になるでしょう。これら多角的な影響を理解し、適切な対策を立てることが重要です。

サードパーティ Cookie 廃止に向けた対策

それでは、サードパーティCookieの廃止にどのように備えるべきなのでしょうか。まず第一の対策として挙げられるのが、ファーストパーティCookieを有効活用することです。企業自身で収集・管理できるファーストパーティCookieは、サードパーティCookieの廃止後も利用が可能です。ユーザとの接触点を増やし、自社でデータを蓄積・分析することで、ユーザ理解を深め、高効果のマーケティングを実現しましょう。また、新たな広告技術の活用も視野に入れるべきです。GoogleのPrivacy Sandboxのような新たな仕組みを利用して、ユーザのプライバシーを守りつつパーソナライズ広告を達成することが可能となるでしょう。

データ管理ツールの導入と社内体制の整備

サードパーティCookieの廃止に対応するためには、単に新たな道具を使えるようになるだけではなく、組織全体での対応が必要です。データを自社管理するためには、データ管理プラットフォーム(DMP)やカスタマーデータプラットフォーム(CDP)の導入を検討する必要があります。これにより、自社で把握した顧客データを一元管理し、セグメンテーションや広告配信などを行うことが可能になります。加えて、社内でのデータ活用スキル向上や体制作りも重要です。データを活用したマーケティング施策を進めるためには、人材の教育やデータ活用チームの構築が必要となるでしょう。デジタルマーケティングの新たな時代に対応するには、道具だけでなく、人と組織も成長させていくことが求められます。