GA4管理画面のSEO分析:必見の指標とその活用法

person using magnifying glass enlarging the appearance of his nose and sunglasses SEO
Photo by Marten Newhall on Unsplash

GA4の重要性とその管理画面の特長

デジタルマーケティングを成果につなげる上でキーワードなのがGoogle Analytics(GA)です。特に最新版であるGA4は従来のUniversal Analytics(UA)と異なり、対象ウェブサイトのユーザー行動をより深く理解することが可能になりました。 GA4の管理画面は、導入当初からすでに多くの機能を搭載。特に新規に追加された「分析」機能は、SEO分析における絶対のキーワードです。この「分析」ツールを利用すると、自由度の高いカスタムレポートの作成や、新たな利用者洞察の発見など、従来以上に幅広いデータ活用が可能になります。

GA4のSEO分析で重要な指標とその意味

GA4のSEO分析で必見の指標は何と言っても「エンゲージメント」「コンバージョン」の2つです。「エンゲージメント」はユーザーがウェブサイトとどの程度関わっているかを示す指標で、具体的には「ページビュー」「セッション時間」「イベント」などがカウントされます。「コンバージョン」はユーザーが特定の行動を取った回数を示す指標で、ウェブサイトの目標達成を示す重要な指標です。GA4ではあらかじめ100以上のイベントが用意されており、それぞれに対してコンバージョンを設定することができます。

SEO分析の活用法:エンゲージメントの分析

まず先ほど紹介した「エンゲージメント」ですが、この指標を見ればサイト訪問者の行動傾向が一目瞭然。ユーザーがサイト内で何を見て、どの程度時間をかけているかを把握することで、広告や商品の配置を工夫し、UX改善を進めることができます。特に「イベント」は、赤門を押す、購入する、シェアするなど、様々なユーザーアクションを細かく分析することが可能です。どんなアクションが多くされているのか、どのページが読まれているのか、そんなリアルタイムなデータ分析が可能です。

SEO分析の活用法:コンバージョンの分析

次に「コンバージョン」ですが、これはビジネス成果に直結する大切な指標であると言えます。ゴール設定を的確に行い、コンバージョンが達成されたときのユーザーの行動パスを追うことで、より効果的なマーケティング戦略を企画することができます。具体的には、どのコンテンツがコンバージョンに結びついているのか、どのチャネルから訪れてコンバージョンに結びついているユーザーが多いのかなど、詳細な情報を掴むことができます。これらのデータに基づき、最も効果的な広告配信やコンテンツ作成を行うことで、最大限のマーケティング効果を期待することができます。