GA4トラッキングコードの設置と確認方法をステップバイステップで解説

person using MacBook pro アクセス解析
Photo by Austin Distel on Unsplash

GA4トラッキングコードとは

GA4トラッキングコードとは、Googleが提供する新型のアナリティクスツール、GA4(Google Analytics 4)の設定用コードのことを指します。これをWebサイトに設置することで、サイト訪問者の行動データを収集・解析することが可能になります。GA4は従来のユニバーサルアナリティクス(UA)と比べて、より詳細なユーザー行動データの収集、AIによる自動予測、クロスプラットフォームの分析等、より高度な機能を備えています。この機能の適用を通じて、重要なビジネスインサイトを得たり、マーケティング活動を最適化することが可能になります。

GA4トラッキングコードの設置

GA4トラッキングコードの設置は、Google Analyticsの管理画面から行います。まずGoogleアカウントでログインし、管理画面へ進み、「プロパティ」、「データストリーム」の順にクリックします。その後、「Web」を選択し、WebサイトのURLとストリーム名を入力します。設定が完了すると、「測定ID」が発行され、その下にある「Global Site Tag(gtag.js)」がトラッキングコードです。すべてのWebページのとタグの間、または内で可能な限り早くにトラッキングコードを挿入します。これで設置は完了です。

GA4トラッキングコードの設置確認

設置後、GA4トラッキングコードが正常に動作しているかを確認することも重要です。この検証作業は、Google Tag Assistantという拡張機能を使用します。まずこの拡張機能をGoogle Chromeに追加し、Webサイトを表示してページ上で該当拡張機能を起動します。「選択中のタグ」の下に表示されるGA4トラッキングコード(これは先にWebサイトに設置した「測定ID」です)が「緑色」で表示されていれば、設置が成功しています。「赤色」や「黄色」で表示されていた場合、何らかの問題があると認識します。問題箇所が表示されるので、それをもとに修正を行います。

GA4の活用:より深いユーザー理解とマーケティング最適化へ

GA4トラッキングコードの設置を完了し、正しくデータ収集が行われていることを確認できたら、あとは貴重なユーザーデータを活用してビジネスに役立てるだけです。特に、GA4は従来のUAと比べて、利用者の配信チャネルやデバイス間での行動分析、長期的なパフォーマンスの追跡等、より深いレベルでのユーザー理解が可能です。これらの情報を基に、ターゲットユーザーに対するより適切なコンテンツ提供や、広告展開を行うことで、Webマーケティング効果の最大化を図れます。また、AIによる自動予測機能により、将来のユーザートレンドを見越した戦略も可能になります。GA4トラッキングコードの設置は、企業のマーケティング活動にとって武器となるでしょう。