YouTubeマーケター注目:エンゲージビューコンバージョン(EVC)のマスターガイド

a close up of a cell phone with a youtube logo on it Google広告
Photo by Christian Wiediger on Unsplash

エンゲージビューコンバージョン(EVC)とは何か?

エンゲージビューコンバージョン(EVC)とは、YouTubeの新たな広告測定モデルの一つです。従来、広告パフォーマンスを測定する際は「クリック数」や「閲覧時間」などが主に用いられていました。しかし、これらの指標には表面的なユーザー行動しか捉えられず、深層的なエンゲージメントや広告への理解度などを測るのは困難でした。そこで登場したのがEVCです。EVCは広告の鑑賞動向、ユーザーのコンテンツへのエンゲージメントや行動、その後の変換(購入や問合せなど)までを一貫して把握することが可能な指標です。

なぜEVCは注目されているのか?

YouTubeマーケティングに関わる者にとって、EVCは非常に魅力的な指標です。それは、広告キャンペーンの効果をより深堀りして解析できるからです。従来のクリック数や閲覧時間だけを測定していた時期には、一部のユーザー行動しか把握できていませんでした。しかし、EVCにより広告への理解度やエンゲージメント等、ユーザーの深層的な行動を測れるようになったことで、広告効果の最適化がより具体的に行えるようになりました。その結果、広告予算の有効活用やコンバージョン向上、ROIの向上に直結するため、マーケターの注目を浴びています。

EVCを用いた最適な戦略とは?

それでは具体的に、EVCを用いてどのような戦略を立てれば良いのでしょうか。まずは、自社の広告キャンペーンがユーザーにどのレベルまで理解されているかを把握します。そして、理解度が十分でない場合には、広告のメッセージングやビジュアルなどを見直すことが重要です。その上で、ユーザーがどういった行動を起こすか、定量的に測定します。その結果を元に、ユーザーがどういったきっかけで行動に至るのかを分析し、そのきっかけ作りを強化する戦略を策定します。また、複数のチャンネルを通じて接触するユーザーに対する配信戦略も見直すことが求められます。

EVCによるマーケティングの未来

YouTubeの新指標EVCは、今後のデジタルマーケティングの可能性を大きく広げるものであり、その重要性は日増しに高まっています。広告のパフォーマンス測定がより精緻化し、効果の明確な最適化が可能になることで、マーケティングの品質そのものが向上すると考えられます。広告業界において、ユーザーの深層的な行動を把握し、それに応じた最適な戦略を展開できることは、かつてないほど大きな強みとなります。このEVCをフルに活用し、次世代のYouTubeマーケティングスタンダードを築くことが求められています。