失敗から学ぶ:SNS広告でWebマーケティング課題を乗り越える方法

laptop computer on glass-top table デジタルマーケティング基礎知識
Photo by Carlos Muza on Unsplash

失敗以外に道はない:SNS広告のトラップを理解する

おもてなしの精神を大切にする日本人の多くが「失敗しないで成功する方法」を探求しがちですが、デジタルマーケティングの世界では、投稿内容やターゲット指定の微妙な調整は失敗体験によってしか得られません。そこで、この記事ではSNS広告を運用した結果生じた問題点から学ぶ講義を行います。広告投資の機会損失を避けるため、実際に起こり得る課題を予測し、対処方法を習得することでSNS広告の成功確率を高めることができます。

リーチが広がらない:適切な対象世代や興味・関心を見極める

広告がなかなかリーチできない、つまり広告が多くの人に届かないという問題がある場合、広告のターゲティングに問題がある可能性があります。特定の人々を対象にすることによって、その人々が広告に関心を持つ可能性が高まり、結果的には広告投資の効果が上がります。反対に、適切な対象を設定していないとリーチが広がらず、広告投資が浪費される可能性があります。そこで、ターゲットとなる人々の年齢、性別、趣味、興味などを明確に設定し、それに基づいて広告を出稿することが重要です。

クリックが得られない:魅力的な広告文とビジュアルを創造する

SNS広告がリーチしたにもかかわらず、クリックが得られない、つまりユーザーが広告をクリックせず、広告の詳細情報にアクセスしないという問題が生じた場合、広告のクリエイティブに問題がある可能性があります。広告文やビジュアルが魅力的でなければ、ユーザーは広告を無視してしまいます。魅力的な広告を制作するためには、自社の商品やサービスが解決する課題を明確に伝えるとともに、他の競合他社と差別化する訴求ポイントを際立たせることが求められます。

コンバージョンが得られない:適切なLP設定とユーザー体験を強化する

広告はユーザーをコンバージョンにつなげる手段です。そこで、自社サイトまたはLP(ランディングページ)に流入したユーザーが目的のアクション(購入、問い合わせ、ダウンロード等)を完了させるためには、ユーザー体験を最適化する必要があります。特に、LPは広告と一貫性があり、ユーザーが求める情報を直感的に理解できる設計が求められます。また、ユーザーがアクションを起こしやすいよう、CTA(コール・トゥ・アクション)の設置やUA(ユーザーエージェント)によるデザイン調整も重要です。

ROAS(広告利益/広告費)を改善する:PDCAサイクルを回す

最終的な目標は、ROASの向上、つまり広告効果の最大化です。これを達成するためには、投稿内容・クリエイティブ、ターゲティング、LPの改善点を見つけ、修正・最適化することを繰り返す PDCAサイクルが必要です。加えて、各段階のKPIを定め、分析ツールを活用してデータを分析することも重要です。「失敗」を恐れず、広告投稿を行い、その結果を基に学び、より良い成果を生むための改善策を導入することが求められます。