ブランドリフト解明!デジタル広告のブランディング成功を測るヒント

a waterfall in a forest デジタルマーケティング基礎知識
Photo by K Muramatsu on Unsplash

はじめに: ブランドリフトとは何か

デジタルマーケティングの世界で「ブランドリフト」がどれほど重要であるかを理解するためには、まずは徹底的にこの概念を理解することが必要です。ブランドリフトとは、広告キャンペーンを通じてブランド認知度、ブランド評価、購買意欲などがどの程度向上したかを測るための指標のことを指します。

オンライン広告業界では、このブランドリフトを用いて、マーケティング活動の結果を定量的に把握して、より効果的なブランド広告戦略を策定しています。

ブランドリフトの重要性

社会がデジタル化されるにつれ、ブランド広告の形も変わってきました。以前は、テレビCMや新聞広告などの一方的な媒体を用いて、顧客にブランドイメージを植え付ける方式が一般的でした。しかし、昨今のようなインターネットがより多く利用されるようになると、広告はより個々の消費者に合わせた形で、その効果もリアルタイムで測れるようになりました。

そのため、消費者の反応を見ながら広告のパフォーマンスを向上させる必要性が増し、その結果指標として浮上したのがブランドリフトなのです。そのため、デジタル広告のブランディング成功を測るためには、ブランドリフトの解明が不可欠となるわけです。

デジタル広告におけるブランドリフト計測の方法

デジタル広告におけるブランドリフトを計測する方法には様々ありますが、そのうち最も存在感を放つのが「アンケート」でしょう。このアンケートは、広告接触層と非接触層に対して行い、その結果から広告の効果を測ります。

更に、読者の反応をリアルタイムで出来るだけ正確に測定するためには、ウェブ解析ツールを用いると良いでしょう。例えば、Google Analyticsなどを使用すると、訪問者がどの広告からアクセスしてきたのか、どの広告にどれくらい時間を費やしたのか、広告を見た後何を行ったのか等を詳しく知ることが出来ます。これらのデータを使って広告のパフォーマンスを分析することが可能です。

ブランドリフト解明を成功させるために

ブランドリフトを正確に解明し、広告キャンペーンの成功を手繰り寄せるためには、データ分析だけでなく、自社のブランドに対する深い理解が必要となります。自社のブランドイメージ、消費者の認識、ブランドの強みや弱み等について調査し、それを踏まえた上で広告戦略を立てるべきです。

デジタル広告のブランディング成功を測るためには、ブランドリフトの解明が欠かせません。ブランドリフトを解明し、広告の効果を最善に活用することで、より高い結果を引き出すことが可能です。