Google広告エディター完全解説!広告運用を効率化する使い方を徹底解説

person holding pencil near laptop computer Google広告
Photo by Scott Graham on Unsplash

Google広告エディターって何?:基本概念と主な特徴

Google広告エディター(旧Google AdWords Editor)は、Googleが無料で提供している広告運用ツールです。これを使えばPC上で広告キャンペーンの作成・編集・最適化が可能で、広告運用者の作業効率を上げることができます。さらに、広告エディターは大量のデータを一度に操作できるため、多数の広告キャンペーンや広告グループを管理する必要がある広告運用者には必須ツールといえるでしょう。

ブラウザ版Google Adsと異なり、ローカル環境で動作しオフラインでの操作も可能な点が大きな特徴です。編集した内容は反映ボタンをクリックするまで実際の広告には反映されません。そのため、仮説を立てながらじっくりと最適な広告運用プランを練ることができます。

Google広告エディターの設定と使い方:個別編集から一括編集まで

Google広告エディターを使うためには、まずGoogle Adsアカウントと連携する必要があります。Google Adsアカウントにログインした状態でエディターを開き、初回設定を行います。設定が完了すれば、エディター上で編集を行うことができます。

編集可能な項目はキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードなど多岐にわたります。特に便利な機能として、一括編集・一括作成が挙げられます。一般的には、個別のキャンペーンや広告グループ、広告を手動で作成・編集していきますが、Google広告エディターを利用すれば同じ種類の項目を一括で作成・編集することが可能になります。例えば、似たような商品を多数出品しているECサイトでは、似たような内容の広告を多数出稿することが多いでしょう。このような場合、一括作成・一括編集を使うことで大幅な時間短縮が可能です。

Google広告エディターで高度な運用を:共有ライブラリと値規則

Google広告エディターが優れている点は、複雑な運用タスクにも対応しているところです。共有ライブラリを利用すれば、キャンペーン間で共通する要素(キーワード、オーディエンス、ロケーションなど)をまとめて管理することができます。これにより、運用を一元化でき、一貫性のある広告配信が可能になります。

また、値規則機能を活用すれば、条件に応じて広告の入札額や日予算を自動で調節することが可能になります。これにより、広告パフォーマンスを引き上げることができます。例えば、「クリック率が一定以下だと入札額を下げる」、「コンバージョン数が一定を超えたら入札額を上げる」といった運用が可能になります。

Google広告エディターの活用ポイント:大量の広告管理と広告運用の改善

先述の通り、Google広告エディターの最大の特長は「大量の広告を一度に管理できる」ことです。特に、複数のキャンペーンを同時進行で運用している場合、ブラウザ版Google Adsだけでは追いつかないほどの作業量になってしまうこともあります。このような場合でも、Google広告エディターを活用すれば、大量の広告を効率的に管理することが可能です。

さらに、一度に全てのキャンペーンのデータを取得できるので、広告運用の最適化にも役立ちます。全てのデータを一覧で確認できることで、各広告のパフォーマンスを一目で確認できます。これにより、効果の上がっている広告や抑制すべき広告を判断して、広告運用の改善につなげることができます。

Google広告エディターは、広告運用者にとって手放せないツールとなることでしょう。その機能をフルに活用して、より効果的で効率的な広告運用を目指しましょう。