TikTokの波に乗る:差別化を果たすためのデジタル広告の戦略的アプローチ

a drawing of a face TikTok広告
Photo by visuals on Unsplash

TikTokの特性とデジタルマーケティングへの可能性

今やダウンロード数200億を超え、世界中で熱狂的なファンを抱えるソーシャルメディアプラットフォーム”TikTok”。短時間動画を投稿し共有するというシンプルな操作性が評価され、特に若年層を中心に圧倒的な支持を集めています。「笑い」や「感動」、「驚き」などのエンターテイメント要素が詰まったコンテンツで、利用者の心を掴んで離しません。この躍進ぶりに広告代理店やマーケターたちも注目し、TikTokを用いた新たなデジタルマーケティング手法が続々と生まれています。業務の成功を願う営業担当者諸氏にとって、TikTokの波に乗ることは競争優位性を獲得し続けるために欠かせません。

異なる目線・視点での理解をもとにTikTokの特性を活かす

TikTokが他のソーシャルメディアと異なる大きな特性は、ユーザー参加型コンテンツの豊富さです。”リーディング”や”ダンス”など、特定の動きやリズムに乗った動画投稿を促す「チャレンジ」は、一人ひとりがオリジナルな内容を投稿しながら共感やエンゲージメントを生むのに一役買っています。また、TikTokの誕生からというものチャレンジは常にトレンドの中心であり、全世界のユーザー達と一緒に「一つの動き」を共有する事で繋がりを感じられるのです。この点を理解し、ブランドや商品に結びつける事で、多くの人々にリーチすることが可能となります。一度火がつけば、その広がりは素早く大きなものとなり、結果として大規模なブランディングや認知度向上へと繋がるのです。

デジタル広告の差別化を図るパルチクラー戦略

ただ一方で、そんなTikTokでも露出を増やすだけでは差別化を図る事は難しくなっています。独自性を持つには、深堀りした戦略が求められます。まずは、どのようなユーザー層にリーチしたいのか、何に注目してもらいたいのかを明確にします。そして、そのコンテンツをどのように配信するのか、具体的なプランを立てます。これ以上に深い洞察と理解をもとに、そのブランドだけのターゲットとメッセージを作り上げます。個々のユーザーの行動や嗜好に合わせたパーソナライズされたコンテンツを提供することで、他とは一線を画したエンゲージメントを得ることが出来ます。

データ分析に基づく絶え間ない改善と進歩

最後になりますが、デジタルマーケティングのキーワードとして欠かせないのが、データ分析です。TikTokでもシェア数、いいね数、コメント数などのインタラクション数を見ることで、どのコンテンツがユーザーに受け入れられているのかを知ることが可能です。また、TikTokは自らを「エンターテインメントプラットフォーム」と位置づけ、スポンサードコンテンツのマネタイズ化にも力を入れています。この機能を駆使することで、ユーザーの反応とエンゲージメントを更に細かく把握し、マーケティング戦略に反映させることができます。これらのデータを基に、絶えず改善を図りつつ、コンテンツの質を向上させていく事が求められます。波を漕ぎ続けながらる事でしか、エンターテインメントの海で生き残る事は出来ません。