共通IDソリューションの活用法:ポストCookie時代のマーケティング戦略

white notebook Cookie規制・プライバシー関連
Photo by Tracy Adams on Unsplash

共通IDソリューションの基本知識: なぜこれが重要なのか?

我々がデジタルマーケティングの世界に深く関与するにつれて、「共通IDソリューション」や「ポストCookie時代」などというフレーズを耳にすることが増えてきたことでしょう。しかし、具体的に何を指すのか、そして我々のビジネスにどのような影響を与えるのかがよくわからないかもしれません。この記事では、これらのキーワードが持つ意味とその重要性を明らかにし、我々がこれからどのように進めていくべきかを探ります。

共通IDソリューションとは?

共通IDソリューションは、主にオンライン広告配信やターゲティングのフローを効率的にし、より精度の高いユーザー理解を可能にするためのテクノロジーです。「自家製の共通ID」や「業界共通のID」が存在し、ユーザーの行動データを全て統合して、唯一無二のユーザーIDとして管理することで、より適切な広告ターゲティングやリターゲティング、パーソナライゼーション戦略に活用できます。これが高精度なユーザーメッセージ配信を可能にし、最終的には商談の引き上げやリピート購入に結びつきます。

なぜ「ポストCookie時代」か?

これまで我々は、ユーザーのオンライン行動を追跡し、的確な広告配信を行うために、Cookieという技術を用いてきました。「ポストCookie時代」とは、こうしたCookieの使用が難しくなる時代を指しています。具体的には、主要ブラウザのCookie制限政策変更や、GDPR(一般データ保護規則)などのプライバシー保護の強化が挙げられます。これにより、Cookieに頼った広告配信方式は難しくなり、より革新的なビジネスモデルが求められるようになりました。

共通IDソリューションの活用法とその効果

共通IDは、閲覧期間、異なるデバイスにおけるユーザー行動、オフラインでのデータなど、様々な情報を統合します。これにより、ユーザーの行動をより深く理解するとともに、ほとんどリアルタイムで広告配信が可能になります。また、共通IDは、より個々のユーザーに対してパーソナライズされた広告を提供し、ユーザー経験を向上させ、結果的にコンバージョン率を高める役割を果たします。さらに、行動データが統合されるため、重複した広告の配信を防止したり、広告予算を有効に使い、ROIを高めることも可能です。

まとめると、共通IDソリューションは、デジタルマーケティングの新たに実在するものとも言えます。ポストCookie時代が迫る中、我々はこの新しいソリューションを理解し、自社のマーケティング戦略に活用していくよう、全力を尽くすべきです。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    Cookie規制・プライバシー関連