SMNとインティメート・マージャー社の戦略的パートナーシップ強化によるターゲティング広告配信の新展開

two people shaking hands Cookie規制・プライバシー関連
Photo by Cytonn Photography on Unsplash

3rd Party Cookie規制と配信経路の変革

SMN株式会社と株式会社インティメート・マージャーは、現在進行中の3rd Party Cookieの規制に対応すべく、新たな広告配信手段として共通IDソリューション「IM-UID」を活用することで協力関係を強化することを発表しました。これは、ユーザー個人を識別することが難しくなる現在のインターネット環境において、広告のターゲティング配信をより精緻に行う手段として期待されるものです。 3rd Party Cookieとは、ウェブサイト訪問者の行動履歴を記録し、そのデータを用いて広告を配信するための仕組みであったのですが、その方法がプライバシーポリシーに反するとの理由から、近年、規制が進行中です。規制が強まることで広告業界には大きな影響が出ており、その対処法として注目されるのが共通IDソリューションです。

共通IDソリューションと広告配信の新たな可能性

共通IDソリューション「IM-UID」を活用することで、広告を配信する際のターゲティングになります。ユーザーの属性や行動履歴などを元にした配信が可能となり、広告の実績を上げることが期待できます。 また、3rd Party Cookieと異なり、ユーザーが自らの情報を管理することが可能になるため、プライバシー保護にも繋がると考えられます。これにより、広告配信業界における新たなマーケティング手法として注目されています。

パートナーシップの強化と広告業界への影響

SMNとインティメート・マージャーが、この「IM-UID」を活用した新たな広告配信手段に着目し、その取り組みを強化することは、広告業界における大きな動きと言えるでしょう。3rd Party Cookie規制が進む中での新たな道筋として、広告配信プラットフォームを提供する事業者が「IM-UID」の活用に舵を切るのは、広告効果を向上させる意味合いが込められています。 このような動きは、サービスユーザーに直接影響を及ぼすことが予想され、ユーザーはより自由に情報を管理しながら、自身に適した情報に触れる機会が増えるでしょう。また、広告主もターゲットに合わせた広告を効果的に配信することが可能となり、広告のパフォーマンス向上に繋がります。

今後の見通しと期待

現在の規制の流れを受けて、広告業界においては新たな広告配信手段・プラットフォームとして共通IDソリューションが注目されており、今回のSMNとインティメート・マージャーのパートナーシップ強化は、その流れを確実なものにしています。 ユーザーのプライバシー重視と効果的な広告配信が両立するこの「IM-UID」へのシフトは、広告業界における大きなトレンドとなり得ます。今後の動向に注目が集まる中、ユーザー、広告主、広告配信事業者のすべてが納得する広告環境の実現に向けた一歩と言えるでしょう。