AIとデータ活用で広告配信とランディングページの最適化を実現する方法

a computer generated image of the letter a AI関連
Photo by Steve Johnson on Unsplash

近年、文化人類からデータ活用の技術が急速に進化しています。AI技術を活用して各種データを精緻に解析し、顧客の興味や行動履歴に基づいた最適な広告をリアルタイムで配信することが可能となりました。例えば、SMNは自社開発のAI「VALIS-Engine」をD2Cに提供し、両社が持つデータを活用して広告を最適なタイミングと形式で配信しています。

また、株式会社D2Cは、NTTドコモから提供されたユーザーデータを活用して、ドコモ以外の広告プラットフォームでも広告配信を行なっています。これにより、広告主は各種データを駆使し、様々なプラットフォームで巧みに広告を打つことが可能となりました。これらの取り組みにより、広告配信はより最適化され、その効果は格段に向上しています。

顧客データを活用したクリエイティブ制作とランディングページの最適化

広告だけでなく、ランディングページもまた、企業が顧客と接点を持つ重要な要素であり、デジタルマーケティングにおいては重要な役割を果たします。ADKマーケティング・ソリューションズは、運用型広告のクリエイティブ制作とランディングページ最適化ソリューション「ADK-LPO Plus」を提供しており、顧客データを活用してランディングページを最適化することで広告のパフォーマンスを最大化しています。

また、KDDIとSupershipの事例では、1st Partyデータを活用したコンテンツレコメンデーション最適化という取り組みが見て取れます。分析の視点を広げて顧客体験を向上させるとともに、次に繋がるデータ活用を成功に導いています。これらは顧客データを最大限に活用することで、広告配信だけでなくクリエイティブ制作やランディングページの最適化にも成果をもたらしています。

デジタルマーケティングの定着と企業の内製化支援

デジタルマーケティングの活用が進む一方で、企業自体がこれらの取り組みを内製化する動きも見られます。株式会社トライエッジは、企業が自らデジタルマーケティングを取り組むことを支援するためのハンズオン型コンサルティングを提供しています。これは、デジタルマーケティングのノウハウや施策の統一、さらなる内製化へ向けた人材育成を企業に対して支援します。

また、Micoworksがアドビから「2023 Adobe Marketo Engage Champion」を受賞した事例なども、企業自身がデジタルマーケティングの領域において一定の評価を獲得し成功を収めている証と言えます。内製化の推進はコスト削減だけでなく、自社のビジネスや顧客を深く理解し、その上でデータを活用することが重要となります。

WEB記事製作の自動化とパーソナライズの進化

デジタルマーケティングにおいては、顧客に対する情報提供の一環としてコンテンツの提供も重要です。AIや自然言語処理技術の進化により、WEB記事の自動生成が可能となりました。株式会社デジタルレシピは、WEBメディア運営企業向けの「自動WEB記事製作ツール」の開発サービスを開始し、コンテンツ製作の効率化を図っています。

また、リアルタイムパーソナライズCMS「Tovira(トビラ)」がIT導入補助金2023年の対象ツールに認定されるなど、より一層パーソナライズが求められています。これらのツールを活用することで、各企業は顧客一人ひとりの属性や嗜好に合わせた高度にパーソナライズされた情報提供が可能になり、顧客との関係性を深化させることができます。これらがデジタルマーケティングの最大化につながると考えられます。