GA4データの効率的な取得法:Google Apps Script活用ガイド

マーケティングツール

Google Apps Scriptとは

Google Apps Scriptは、Googleが提供するサーバーサイドのJavaScriptプラットフォームです。スプレッドシート、ドキュメント、フォームなどのGoogleサービスと連携し、カスタムの自動化タスクを作成することができます。GA4データの取得にもGoogle Apps Scriptを活用することで、APIを介してデータを効率的に取得し、スプレッドシートに自動的に書き込むことが可能です。

GA4データ取得の準備

Google Apps ScriptでGA4データを取得するには、以下の準備が必要です。

  1. Google Cloud Platformプロジェクトの作成
  2. Google Analytics Data APIの有効化
  3. サービスアカウントの作成とJSONキーのダウンロード
  4. GA4プロパティへのサービスアカウントの追加

これらの手順を完了すると、Google Apps ScriptからGA4データにアクセスできるようになります。

Google Apps Scriptでのデータ取得

GA4データを取得するためのGoogle Apps Scriptのコードは以下のようになります。


function getGA4Data() {
  var propertyId = 'YOUR_GA4_PROPERTY_ID';
  var startDate = '7daysAgo';
  var endDate = 'today';
  var metrics = ['sessions', 'totalUsers', 'newUsers'];
  var dimensions = ['date'];

  var response = AnalyticsData.Properties.runReport({
    property: 'properties/' + propertyId,
    dateRanges: [{startDate: startDate, endDate: endDate}],
    metrics: metrics.map(function(metric) {
      return {name: metric};
    }),
    dimensions: dimensions.map(function(dimension) {
      return {name: dimension};
    })
  });

  var rows = response.rows;
  var data = [];

  for (var i = 0; i < rows.length; i++) {
    var row = rows[i];
    var rowData = [];

    for (var j = 0; j < dimensions.length; j++) {
      rowData.push(row.dimensionValues[j].value);
    }

    for (var j = 0; j < metrics.length; j++) {
      rowData.push(row.metricValues[j].value);
    }

    data.push(rowData);
  }

  return data;
}
  

このコードでは、GA4プロパティIDを指定し、取得する期間、メトリクス、ディメンションを設定しています。AnalyticsData.Properties.runReport()メソッドを使用してGA4データを取得し、取得したデータを二次元配列に変換しています。

スプレッドシートへのデータ書き込み

取得したGA4データをスプレッドシートに書き込むには、以下のようなコードを追加します。


function writeDataToSheet() {
  var sheetId = 'YOUR_SHEET_ID';
  var sheetName = 'GA4 Data';

  var data = getGA4Data();

  var sheet = SpreadsheetApp.openById(sheetId).getSheetByName(sheetName);
  sheet.getRange(2, 1, data.length, data[0].length).setValues(data);
}
  

このコードでは、スプレッドシートのIDとシート名を指定し、getGA4Data()関数で取得したデータをスプレッドシートの指定したセルに書き込んでいます。

自動化とスケジューリング

GA4データの取得と書き込みを自動化するには、Google Apps Scriptのトリガー機能を使用します。以下のようなコードを追加することで、毎日指定した時間にデータを取得し、スプレッドシートに書き込むことができます。


function setDailyTrigger() {
  ScriptApp.newTrigger('writeDataToSheet')
    .timeBased()
    .atHour(9)
    .everyDays(1)
    .create();
}
  

このコードでは、毎日午前9時にwriteDataToSheet()関数を実行するトリガーを設定しています。トリガーを設定することで、手動での実行は不要になり、自動的にデータが更新されます。

まとめ

Google Apps Scriptを活用することで、GA4データの取得を自動化し、効率的にデータ分析を行うことができます。本ガイドでは、GA4データ取得の準備、Google Apps Scriptでのデータ取得、スプレッドシートへのデータ書き込み、自動化とスケジューリングについて解説しました。これらの手順を踏まえることで、デジタルマーケティングの担当者は、GA4データをより効果的に活用し、データドリブンな意思決定を行うことができるでしょう。ぜひ、Google Apps Scriptを活用して、GA4データ分析の効率化を図ってください。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    マーケティングツール