AI技術の最新動向とビジネスへの重要性:デジタルマーケティングと営業戦略への影響

blue and black helmet on blue and white textile セミナーブログ
Photo by Maximalfocus on Unsplash

AIの最新動向と重要性

今や、デジタルマーケティングにおいて欠かせない存在となりつつある人工知能技術、通称AI。特にこれからのビジネスシーンにおいては、「いけないことに人が集中する」、つまり、人間が手間暇をかけて行っていた作業をAIが自動化し、人間はより高度な判断や調整、コミュニケーションなどに集中することが求められるでしょう。また、B2Bの世界においては一人で購買を決めることは稀であり、社内での検討状況や予算の配分など、具体的な課題解決に向けたヒアリングや提案が重視されます。そしてその中で、AIの自己学習や自動化が進化することで、汎用的なサービス紹介や検討材料の提供などをAIが行い、営業はより深い部分に焦点を当てることが可能になるでしょう。

営業組織のデジタルトランスフォーメーション

営業組織もまた、デジタル化の波に遅れをとってはならない存在です。オンラインが主流の今だからこそ、オフラインの強みも見直すべきでしょう。オフィスに出社すると情報量が一気に増える、これはオンラインでは得られない情報の交換があるからです。AIの活用と人間の属性を融合させることで、営業はより効率化し、発展していくでしょう。企業の意思決定やビジネスディスカッションは人間が行うべきものであり、その際のツールとしてAIを活用するという考え方が形成されつつあります。

AI活用のポイント:商品力とマーケティング力

AIの進化が目覚ましい一方で、一部の企業からは「AIを使えば営業の差別化が難しくなるのではないか」という声が上がっています。しかし、それはあくまで一面の見方であり、AIの活用により商品力やマーケティング力、営業のコミュニケーション力などがより際立つという見方もあります。例えば、「ここだけの話だけど」というような非公式な相談や情報交換は、人間が行うべきです。そして、そのような「人間らしさ」を活かすことで、AIを使いこなす企業は差別化を図ることができるでしょう。

AI時代の新たなチャレンジ

新たな市場環境に対応して、AI技術を取り入れることでビジネスチャンスが拡がっています。近年では、リソースや技術的な制約から達成することが難しかった施策も、AIの進化により手軽に実現できるようになってきています。特に、1年間でAIの進化速度は目まぐるしいものがあり、企業にとっては新たなビジネスチャンスと捉えてよいでしょう。しかし、その一方で、「AIによる自動生成」という技術は、未だに思考やコミュニケーションなど「人間らしさ」の代替とはなり得ず、これらの要素は今後も企業や個々のビジネスパーソンの競争力として重要性を保つことでしょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    セミナーブログ