Googleアナリティクス認定資格の取得方法とメリット

macbook pro on brown wooden table マーケティングツール
Photo by Samantha Borges on Unsplash

Googleアナリティクス認定資格の取得方法

Googleアナリティクス認定資格は、Googleが提供するウェブ解析ツール「Googleアナリティクス」の知識と技術を評価・認定するものです。認定資格を取得する流れは、基本的には以下の3ステップから成り立っています。

まず1つ目は、Googleアナリティクス認定資格の学習をすることです。Googleは公式ウェブサイト上で無料の学習リソース「スキルショップ」を提供しています。ここでは、Googleアナリティクスの基本的な操作法から報告機能、各種設定方法など、認定試験に必要な知識を幅広く学べます。また、実際の業務に役立つ事例や解説も豊富に揃っています。

2つ目は、学習した内容を元にGoogleアナリティクス認定試験を受けることです。試験はオンラインで行われ、選択式の問題70問に対して90分間で解答する形式となっています。合格基準は80%以上で、一度試験を受けて不合格だった場合でも、1日待つことで再受験が可能となっています。

3つ目は、試験に合格するとGoogleアナリティクス認定資格の認定書が発行されます。認定書には、所有者の名前と認定日、有効期限などが記載されています。この認定書は、公式の認定バッジと共にSNSやウェブサイトなどで共有することが可能です。

スキルアップとマーケティング能力の向上

Googleアナリティクス認定資格を取得する最大のメリットは、個々のスキルアップとマーケティング能力の向上です。Googleアナリティクスは、ウェブトラフィックの解析だけでなく、ユーザー行動の把握や広告配信の効果分析など、多様な機能を有しています。これらの機能を正確に理解・活用することで、具体的な施策立案や適切な広告投資、精緻なターゲティングといった、より高度なマーケティング活動が可能となります。また、定期的に最新の知識を更新することで、市場の変動に柔軟に対応出来る体制を作り上げることが可能です。

信用・信頼の向上

Googleアナリティクス認定資格は、広告主やクライアントに対して自身の知識とスキルを明確に示すツールともなります。公認の認定資格を持つことで、業務提供者としての専門性や信頼性を客観的に証明することができます。これは、新規の顧客獲得や既存顧客との信頼関係の構築にも寄与します。

キャリアアップ

Googleアナリティクス認定資格を取得することは、自身のキャリアアップにも有効です。マーケティングだけでなく、データ分析やウェブ企画、広告運用など、多岐にわたる職種でGoogleアナリティクスのスキルは求められています。資格を保有することで、これらのポジションへの適性を示すことが可能となり、就職や転職の際の強みになります。また、現在の職場での昇進や待遇改善の材料ともなり得ます。

以上、Googleアナリティクス認定資格の取得方法とメリットについて解説しました。この資格は個々のスキルアップだけでなく、周囲からの信頼獲得やキャリアアップにも寄与するものです。ウェブ業界で活躍するすべての人にとって、是非とも取得を検討してほしい資格です。