GA4(Google Analytics 4)の特徴とは?従来のUniversal Analyticsとの比較

person using macbook air on white table マーケティングツール
Photo by Myriam Jessier on Unsplash

GA4とは?

GA4、全名をGoogle Analytics 4は、Googleによって2020年に提供が始まった新たなアナリティクスのツールです。従来のUniversal Analytics(UA)と比較して設定や操作はやや複雑ではありますが、それを上回る豊富な機能とデータ分析の可能性を提供します。それは、マーケターや広告代理店の営業担当者にとって、ユーザーの動向をさらに深く理解し、最適なマーケティング戦略を立てるための強力な武器となるでしょう。

GA4の特徴

GA4の最大の特徴の一つは「イベントベースのトラッキング」です。これにより、ユーザーの行動ごとに細かくデータの取得・管理が可能となります。例えば、ユーザーが画像をクリックした場合や、特定のボタンを押した場合など、サイト内で起こるあらゆる行動をイベントとして記録し、そのイベントからさまざまな洞察を得ることが可能になります。

もう一つは「AIによる予測分析」機能です。この機能により、GA4は今まで以上に詳細かつ高度な予測分析を提供します。ユーザーの将来の行動や購買の可能性などをAIが自動的に予測し、マーケターや広告代理店はそれに基づいた戦略を考えることができます。

UAとGA4の比較

UAとGA4のユーザーインターフェースは大きく異なります。UAはシンプルで使いやすい設計が採用されていましたが、GA4はより詳細な情報を得るための複雑な設計となっています。重要なのは、これらの設計の差からくる操作性の違いを理解し、適切な使い方を学ぶことです。

また、UAではセッションベースのデータ収集が主流でしたが、GA4ではより詳細なユーザーの行動を追うイベントベースのデータ収集が中心となります。これにより、ユーザーのサイト訪問から退去までの動向をより正確に把握することが可能となりました。

GA4の導入を進めるべき理由

GA4の導入を推奨する大きな理由はその拡張性と将来性にあります。従来のUAは今後更新が止まり、GA4がメインの分析ツールとなると予想されています。また、GA4はWebだけでなくアプリの分析も一元化でき、ユーザーのマルチデバイス行動も捉えることが可能です。これにより、Webとアプリ間のシームレスなユーザー体験を提供することから、オムニチャネルマーケティングを実現する上でも重要となるでしょう。

一方で、GA4の導入には時間とコスト、そして学習コストが必要です。しかし、その投資はGA4によって得られる洞察とマーケティングの効果向上によって十分に回収されると言えます。早期からGA4に慣れておくことで、競合他社に先駆けて新たなデータ分析の可能性を開拓し、マーケティングの効果を向上することが可能になるでしょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    マーケティングツール