デジタルマーケティングの目的別KPI設定ガイド

eyeglasses and skeleton key on white book ビジネスフレームワーク・マーケティング戦略
Photo by Debby Hudson on Unsplash

デジタルマーケティングとKPIの重要性

デジタルマーケティングとは、インターネットやデジタルデバイスを通じてのマーケティング活動のことを指します。これは、特定のメッセージを正確かつ効果的に届けるための戦略的なアプローチであり、企業のブランドや製品、サービスへの認知度を高める手段として広く取り入れられています。しかしこのデジタルマーケティングを成功させる上で欠かせない要素が、「KPI」―キーパフォーマンスインディケータ―です。

KPIとは、企業やプロジェクトが目標を達成するための主要なパフォーマンス指標を意味します。これには、自社のビジネス目標を達成するために最も重要な指標が含まれます。つまり、デジタルマーケティングにおけるKPIは、活動の成功を測り、最終的なビジネス目標を達成するための主要な指標となるのです。

目的別KPI設定の重要性

デジタルマーケティングの各活動がそれぞれ異なる目的を持っているのと同様に、それぞれの活動が成功したかどうかを判断するためのKPIも異なるべきです。例えば、ある企業のデジタルマーケティング活動の目的が「認知度の向上」であれば、その活動が成功したかどうかを判断するためのKPIは「広告のインプレッション数」や「ウェブサイトの訪問者数」等が適当でしょう。一方で、デジタルマーケティングの目的が「売上の向上」であれば、「購入者数の増加」や「購入総額の増加」等のKPIが適当となるでしょう。

そのため、目的別にKPIを適切に設定することは非常に重要です。各活動の目的によって適切なKPIを設定しなければ、その活動が成功したかどうか、効果が出ているかどうかを正確に判断することができず、効率的なマーケティング活動を行うことが難しくなってしまいます。

KPI設定の手順

KPIの設定は、以下のような手順で行われます。まず、デジタルマーケティングの全体の目標を設定します。これが企業のビジネス目標と連動していることが重要です。続いて、それぞれのマーケティング活動の具体的な目的を設定します。これは全体の目標を達成するために、どのような結果が必要であるかを示します。そして最後に、その目的を達成するためのKPIを設定します。これが、活動が成功したかどうかを判断するための基準となります。

KPI設定の際には、SMART原則(Specific明確、Measurable測定可能、Achievable達成可能、Relevant関連性、Time-bound時間制限)を念頭に置くことが重要です。これにより、KPIが具体的かつ測定可能、かつ達成可能であることを確認できます。

KPI設定の例

それでは具体的な例を挙げてみましょう。ある企業がデジタルマーケティングの全体の目標として「オンラインからの売上向上」を掲げたとしましょう。この目標を達成するためには、各マーケティング活動の目的が「ウェブサイトへの訪問者数の増加」「購入率の向上」「平均購入額の増加」等になるでしょう。この場合、それぞれの目的を達成するためのKPIは「ウェブサイトへの訪問者数」「購入者数 / ウェブサイト訪問者数(購入率)」「購入総額 / 購入者数(平均購入額)」等となるでしょう。

以上のように、KPIの設定はデジタルマーケティング活動が目指す目的に基づいて行われるべきです。そのようにすることで、各活動が成功したかどうかを厳密に判断することができ、活動の改善につなげることが可能となります。デジタルマーケティングの目的別KPI設定は、活動の成功に向けて必要な要素と言えるでしょう。