Cookie規制下でのTikTok広告運用のポイント

brown cookies on blue and white ceramic plate Cookie規制・プライバシー関連
Photo by American Heritage Chocolate on Unsplash

崖っぷちのCookieとTikTok広告運用

デジタルマーケティングでは、ユーザーの行動や興味を元にしたターゲティングが重要となります。これまでその主要な手段となっていたのが、ブラウザのクッキーを活用した行動ターゲティングです。しかし最近ではプライバシーの観点から、Cookieの利用が厳しく規制されつつあります。Google Chromeなど主要ブラウザのクッキー規制や、iOS14における同意基盖の強化など、行動ターゲティングの難易度は高まりつつあります。それに対し一部の広告配信プラットフォームではCookieを使わない新しい広告運用の方法を模索しています。その一つが、SNSサービス大手のTikTokです。

TikTokの広告運用の特徴とクッキー規制への対応

TikTokは、広告運用の手法に独自の特徴をもちます。TikTokはアプリ内でユーザーの興味・嗜好を把握し、それに基づいた広告配信を行います。これはTikTokアプリを使用するユーザーが、ログイン情報と紐づけられたIDによって一元管理されるため、「Cookieが無くなったとき」でもユーザー情報を追跡できるという大きなメリットがあります。また、動画コンテンツのSNSとしてエンゲージメントが高く、ユーザーの反応を得やすいのも特長の一つです。

TikTok広告運用の具体的なポイント

TikTokでは主に以下の3つの広告商品が提供されており、それぞれが異なる機能や特性を持つ為、それぞれの広告目的に応じて使い分けることが重要です。1つ目は「インフィード広告」、これはユーザーがコンテンツをスクロールしている途中に表示される形式で、一般的なフィード広告と似ています。2つ目は「起動画面広告」、これはTikTokを開いた直後に表示される全画面の動画広告で、視覚的インパクトが大きいことが特徴です。3つ目は「ハッシュタグチャレンジ広告」、これはユーザーに特定のハッシュタグを使って投稿を促すことでブランドの認知やエンゲージメントを高めることができます。これらの広告形式を駆使して、TikTokの機能を最大限に生かした広告運用を目指しましょう。

まとめ:今こそTikTok広告運用の時

クッキーレスの時代に突入するデジタルマーケティングでは、従来の広告運用手法だけでなく、積極的に新しいプラットフォームを取り入れるなどの対策が求められるでしょう。またTikTokのような新興プラットフォームは通常の広告進出に先駆けて取組むことで、競合他社に差をつけるチャンスにもなりえます。クッキー規制下だからこそ、今までにない新しい広告運用のポイントを獲得する大きなチャンスです。しかし、その一方でTikTok自体もまた新興のプラットフォームであり、その機能や広告運用の方法も日々進化しています。そのため、TikTokを活用するためには、マーケティング戦略に定期的に見直しを行った上で、TikTokの最新の動向や実装情報を逐一キャッチアップしていくことが重要です。このような中、TikTok広告運用の効果的な方法を見つけ出すためには、まず自社のマーケティング戦略にTikTokをどのように組み込めるかを考え、次に具体的な広告目的に合わせた広告商品を選択し、最後にその結果を踏まえて広告戦略を最適化していけば、クッキー規制下でも効果的な広告運用が可能となるでしょう。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    Cookie規制・プライバシー関連TikTok広告