TikTok広告の新機能解説:検索連動型広告の活用法

person holding black android smartphone TikTok広告
Photo by Aaron Weiss on Unsplash

TikTok広告とは?

TikTokは短時間のビデオコンテンツを作成、シェアすることができるSNSで、その人気と多様性から広告メディアとしての可能性が注目されています。TikTok広告の魅力は、若年層を中心とした広範なユーザー層の取り込みと、エンゲージメントを高めるビジュアル重視のコンテンツです。さらに、TikTokではユーザーとの直接的なコミュニケーションが可能であり、ブランドとユーザーの接点を増やす効果も期待できます。

TikTok広告の新機能:検索連動型広告

2020年にリリースされた「検索連動型広告」は、TikTok広告の新機能の一つです。これはGoogleの広告システムと似たようなもので、ユーザーがTikTok内で特定のキーワードを入力したときに関連する広告を表示するというものです。広告掲載のタイミングはユーザーの検索行動に連動しているため、伝えたいメッセージが具体的かつ効果的に届きます。また、検索連動型広告はCPC(クリック課金)方式を採用しているため、広告の表示回数による課金ではなく、実際に広告をクリックした場合にのみ課金されるというメリットもあります。

検索連動型広告の活用法

検索連動型広告の最大の特徴は、「ターゲティング」と「リーチ」の兼ね合いがとても重要であることです。TikTokの検索連動型広告には、興味を示すキーワードを入力したユーザーに対して、関連性の高い広告を表示するというメカニズムが備わっています。そのため、より高い効果を得るためには、自社の商品やサービスに興味を持つ可能性の高いユーザーを見つけ出すための適切なキーワード選択が必須となります。また、リーチを広げるためには、一つの広告に対して複数のキーワードを設定し、可能な限り広範なユーザーに広告を表示することが求められます。

検索連動型広告の可能性

若者を中心とした多様なユーザー層を持つTikTokにおいて、検索連動型広告は新たな訴求方法を提供します。その特性を活用し、適切なキーワード設定と複数のキーワードによるリーチ拡大を行うことで、高い効果が見込めます。これからもTikTokの新機能やアップデートをチェックし、最新のデジタルマーケティング戦略に活用していきましょう。

TikTok広告活用のコツ

最後に、検索連動型広告をはじめとするTikTok広告の活用にあたり、以下のポイントを意識することをおすすめします。①ビジュアル重視のコンテンツ作成 ②コンテンツの原則 ③ストーリーテリングの強化 ④ユーザーとの直接的なコミュニケーション#体験型コンテンツの活用#これらを踏まえたコンテンツ作成と合わせ、検索連動型広告の適切な設定と運用により、TikTok広告のパフォーマンスを最大化させることが可能です。