ポストCookie時代のWeb広告:影響と対応策の全貌

Cookie規制・プライバシー関連

Cookieとは何か?

Cookieは、ウェブサイトがユーザーのブラウザに保存する小さなテキストファイルです。Cookieには、ユーザーの行動履歴や設定情報などが記録されます。ファーストパーティCookieは、ユーザーが訪問しているウェブサイト自身が設定するものであり、サードパーティCookieは、広告ネットワークなどの外部サービスが設定するものです。

サードパーティCookieの規制強化

プライバシー保護の観点から、ブラウザベンダーはサードパーティCookieの規制を強化しています。Google Chromeは、2024年末にサードパーティCookieのサポートを終了する予定です。Appleは、iOS 14.5以降でApp Tracking Transparencyを導入し、アプリがIDFAを利用するには明示的なユーザーの許可が必要になりました。

Web広告業界への影響

サードパーティCookieの廃止は、Web広告業界に大きな影響を与えています。従来のターゲティング広告やリターゲティング広告は、サードパーティCookieに依存していました。Cookieなしでは、ユーザーの行動履歴を追跡することが困難になり、広告のパーソナライズや効果測定が難しくなります。

対応策:ファーストパーティデータの活用

ポストCookie時代に対応するために、企業はファーストパーティデータの活用に注目しています。ファーストパーティデータとは、企業が自社のウェブサイトやアプリから直接収集したユーザーデータのことです。会員登録情報、購買履歴、行動履歴などがファーストパーティデータに含まれます。企業は、ファーストパーティデータを活用することで、ユーザーのニーズに合わせたパーソナライズされたコンテンツや広告を提供することができます。

対応策:コンテキスト広告の活用

コンテキスト広告は、ウェブページの内容に基づいて広告を配信する手法です。ユーザーの行動履歴ではなく、ページのコンテキストに関連する広告を表示するため、サードパーティCookieに依存しません。キーワードやトピックに基づいて広告を配信することで、ユーザーにとって関連性の高い広告を提供することができます。

対応策:プライバシーサンドボックスの活用

Google Chromeは、プライバシーサンドボックスと呼ばれる一連の技術を開発しています。プライバシーサンドボックスは、ユーザーのプライバシーを保護しながら、広告主にとって有用な情報を提供することを目的としています。例えば、FLoCは、ブラウザがユーザーの行動履歴に基づいてコホートを作成し、広告主にコホートレベルでのターゲティングを可能にします。TRUSTトークンは、ボットや不正行為を防止するために、ユーザーの信頼性を検証する仕組みです。

対応策:アイデンティティソリューションの活用

アイデンティティソリューションは、Cookieに代わる新しいユーザー識別方法を提供します。例えば、Unified IDは、ユーザーのメールアドレスをハッシュ化することで、プライバシーに配慮しながらユーザーを識別します。アイデンティティソリューションを活用することで、企業はユーザーのプライバシーを尊重しつつ、パーソナライズされた広告を配信することができます。

まとめ

ポストCookie時代のWeb広告は、プライバシー保護とパーソナライズのバランスを取ることが求められます。企業は、ファーストパーティデータの活用、コンテキスト広告、プライバシーサンドボックス、アイデンティティソリューションなどの対応策を組み合わせることで、ユーザーのプライバシーを尊重しながら、効果的な広告配信を実現することができます。今後、Web広告業界は、技術の進歩とプライバシー規制の動向を注視しながら、新しい広告手法の開発と導入を進めていく必要があります。

インティメート・マージャーは、各種業界、デジタル技術、ソリューションなどの最新情報をお届けするウェビナーを開催しています。ぜひ最新の情報収集にご活用ください。
デジタルマーケティングについての問い合わせはこちら

    Cookie規制・プライバシー関連