Cookie消滅による測定の課題:マーケターが直面する未来

white laptop computer turned on beside brown paper cup Cookie規制・プライバシー関連
Photo by Sigmund on Unsplash

cookie消滅の現状とは

現在、デジタルマーケティング業界は”Cookie消滅”の影響に直面しています。これは、WebブラウザサプライヤーであるAppleがSafari、GoogleがChromeで、第三者Cookieの利用制限を進めていることに起因します。Googleは2024年までにChromeでの第三者Cookieの利用を全面禁止する計画を発表しています。プライバシー保護の観点から推進されているこの動きは、ユーザーにとっては喜ばしいものですが、マーケターや広告代理店に取っては、個々のユーザーデータを元にしたパーソナライズされた広告配信が難しくなるという課題を抱えています。

Cookie無しの世界で直面する課題

Cookieが存在しない場合、すなわちユーザーの行動データが取得できない場合、広告主はユーザーの嗜好や傾向を理解しにくくなる結果、パーソナライズされた広告配信の困難さが予想されます。これは広義の意味でのパーソナライゼーションの難しさであり、具体的にはリターゲティング、動的クリエーション、CVRの測定などが該当します。これらはマーケティング施策の成果を上げる上で重要な要素であり、その機能が制限されるということは大きな挑戦と言えます。

Cookie消滅に向けたマーケターの取り組み

このCookie消滅の影響に対して、マーケターは既に対策を講じています。その一つが、ファーストパーティデータの活用です。これは、企業自身が所有するユーザーデータ、すなわち自社のWebサイトやアプリ、実店舗で得られるデータを活用する方法です。ファーストパーティデータは企業自身が直接集めた信頼性の高いデータであり、この活用にはポテンシャルが大いにあります。また、広告テクノロジーの発展により、代替手段となる新たなトラッキング技術も登場し、それを使ったマーケティングが進行中です。

マーケターが考えるべき未来像とは

デジタルマーケティングの世界は、Cookie消滅という大きな転換点を迎えています。これを契機に、質の高いファーストパーティデータの収集と活用が重要となり、さらにはプライバシーを尊重したマーケティングも求められるようになります。それに伴い、新たな技術の取り入れやデータ活用の方法も追求するべきです。また、ユーザー体験を高めるための施策と、ウェブ公開者(メディア)、広告主、エンドユーザー全てが満足するエコシステムの構築が期待されます。これらの改善により、デジタルマーケティングの世界は、Cookieが無くても新たなステージへと進化することでしょう。