Yahoo!ディスプレイ広告(予約型)のコンバージョントラッキング問題を解決する方法

a broken cell phone with the word error on it Yahoo広告
Photo by Kostiantyn Li on Unsplash

はじめに:Yahoo!ディスプレイ広告(予約型)のコンバージョントラッキング問題とは

Yahoo!ディスプレイ広告(予約型)は、予め設定された目標(コンバージョン)に対してユーザーがどの程度反応しているかを追跡するための非常に有用なツールです。しかし、このテクノロジーを最大限に活用するためには、各キャンペーンのパフォーマンスを正確に測定する必要があります。この段階で問題となるのがコンバージョントラッキングの問題です。

コンバージョントラッキングとは、広告クリックからコンバージョン(購入、問い合わせ、ダウンロードなどの目標の行動)に至るユーザーの行動を追跡する仕組みです。これに問題が生じると、ユーザーの行動を正確に測定することができず、結果としてROIの最適化が難しくなるなどマーケティングの効果を評価するための重要な要素が欠落してしまいます。

一般的な問題点:広告配信とコンバージョントラッキングの不一致

コンバージョントラッキングに問題が生じる原因の一つとして、広告配信とコンバージョントラッキングの不一致があります。具体的には、ユーザーが広告をクリックした時点からコンバージョンに至るまでのフローが複雑であったり、広告が表示されたサイトやアプリ、デバイスなどとコンバージョン地点が異なる場合に問題が生じます。

例えば、ユーザーがPCで広告をクリックし、その後スマートフォンで購入を行う場合、PCからスマートフォンへとデバイスが変わることでトラッキングが途切れてしまうことがあります。また、広告配信とコンバージョントラッキングの設定にズレがあると、ユーザーの実際の行動を反映しないまま広告の効果を評価してしまう可能性があります。

具体的な解決方法:クロスデバイストラッキングとトラッキング設定の最適化

上述したようなデバイス間でのトラッキング途絶に対しては、CookieやユーザーIDなどを用いたクロスデバイストラッキングが有力な解決策となります。これにより、同一ユーザーが異なるデバイスを用いて広告をクリックし、その後コンバージョンを達成するまでのフローを追跡することが可能となります。

また、広告配信とコンバージョントラッキングの設定のズレに対しては、以下のような点に注意することで改善を見込むことができます。広告配信地点とコンバージョン地点が同一であることを確認する、ユーザーがコンバージョンに至るまでのフローをシンプルに保つ、などが挙げられます。

まとめ:問題の解決へ向けて

本記事では、Yahoo!ディスプレイ広告(予約型)のコンバージョントラッキング問題とその解決方法について詳しく解説しました。問題の原因となる広告配信とコンバージョントラッキングの不一致を解消することで、更なるマーケティング活動の効果を引き出すことが期待できます。

しかし、これらの問題解決は一朝一夕にはならず、普段の運用を見直すことで初めて結果が出るものです。マーケティングの世界では、問題解決への一歩は試行錯誤から始まります。この記事が、その一歩に対する指南書となれば幸いです。